お尻の黒ずみにオロナインは効かない!?本当はどうなの?

オロナインはお尻の黒ずみに効果があるのか?

お尻の黒ずみにもオロナインは使えるのではないだろうか?と考えるのは自然な事です。オロナインは万能薬として色んな症状の改善に使う人がいるようですし、ニキビの改善や肌荒れに使っている人もいます!

では実際にお尻の黒ずみに効果があるのか、それともないのかを検証していきます。

オロナインは殺菌効果のある薬用クリーム

オロナインがどのような肌荒れに効くかと言えば「軽い火傷」「切り傷」「吹き出物」です。

これらに共通するのは、殺菌や抗炎症により傷を治すと言うことです。ハンドクリームとしても使えますが、オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩酸液でこれは殺菌や消毒に用いられる成分です。黒ずみの原因は、圧迫によるメラニンの過剰生成や乾燥ですから殺菌や消毒力のあるオロナインが効果があるようには思えません。

お尻の黒ずみは傷が原因でできる?

お尻の傷が黒ずみの原因

お尻をかきむしったりすれば、雑菌が入り込み黒ずみに繋がる事は考えられますが、お尻が痒くなったり荒れたりする原因は乾燥や角質の蓄積です。角質が厚くなると毛穴アを塞ぎ垢となっていきます。お尻は衣類で常に閉じ込められ、蒸れやすく圧迫も受けますから雑菌も繁殖しやすいように感じますが、よほど不潔にしない限りは問題はありません。

お尻の汚れが落とせていなかったり、角質が溜まりすぎたり乾燥が酷くなればかゆくもなります。その乾燥を放置してしまうからこそ、お尻のターンオーバーが上手くいかずにメラニンが生成されていきます。オロナインには保湿効果はありませんし、傷は治せても角質をやわらかくしたり肌のターンオーバーを促進もしてくれないのです。

危ない!オロナインパックでお尻の黒ずみが悪化するかも!

オロナインは化粧下地にはできないとかいてあるにも関わらず、オロナインでパックをしたりクレンジングをするとお尻の黒ずみが治るという噂があります。お尻は確かに角質層が厚いのですが、殺菌成分がメインのオロナインを長時間お尻に塗ってパックをするなんて無茶です。傷があったりニキビや吹き出物があれば、その部分に塗れば殺菌し炎症を抑えてくれますが美白効果があるとは思えません。

むしろ正常な肌をむやみに殺菌することで、常在菌のバランスが悪くなり肌バリアが壊れてしまう事も考えられます。オロナインには「黒ずみ改善」に効果があるとは書かれていませんし、効きそうな気がするで使わないのが一番良いと思います。

どうしてオロナインがお尻の黒ずみに効くと言われているのか

どうしてオロナインは黒ずみに効果があると言われるのか?

オロナインは、雑菌による皮膚疾患や炎症等オールマイティな薬です。注目したいのは水虫やインキンタムシにもオロナインが使えると言うことでしょう。本当に効くのかもしれませんが、殺菌して症状を軽くするだけです。これで治るなら、皮膚科で水虫治療をする人もいないはず。特に水虫やはかいせん菌というカビが原因で起こるもの。雑菌だけでなくカビをも退治する薬で黒ずみが治るでしょうか?

お尻の黒ずみがオロナインで治るとすれば、傷ができていて黒ずみができたように見えていたりニキビが化膿して黒ずみになっているだけで、それが治ると黒ずみも薄くなるだけです。傷によってもオロナインが効かなかったり、痛みが出たりする事もありますので簡単に使わない方が無難です。

オロナインはスキンケアクリームではない

オロナインはスキンケア用品ではない
オロナインは傷薬でありスキンケアの為に作られたものではありません。お尻の黒ずみは、真皮の奥にできてしまったメラニンが浮き出ている為に起こります。このメラニンを排除して黒ずみができないようにするには、保湿と美白成分が必要になります。オロナインには肌に膜を張る力はあっても肌の水分をキープしたり、保湿力を高める力はありません。

正しいケアをしなければ、お尻の黒ずみは改善しませんし、いつまでもカサカサして角質も積み重なったままです。お尻のくろずみをしっかり治して、ピカピカのお尻にするのはスキンケアとして使えるクリームでケアをしなくてはいけません。

お尻の黒ずみはオロナイン以外でしっかりケアをしましょう

スキンケアはオロナイン以外でしましょう。

まずはお尻の出来るだけ刺激を与えないようにすることと、お尻の黒ずみ改善効果のある美白クリームを使う事です。

正直、オロナインを毎日つかったところで黒ずみが改善するとは思えませんし、黒ずみが万が一改善されたとしても肌の状態はとても良いとは言えないでしょう。なぜなら、殺菌成分のあるオロナインを何も傷がないお尻に塗っても意味がないからです。きちんとしたお尻専用のクリームで毎日ケアをすることで、自然のメラニンが消えていくのが理想的だからです。

お尻の黒ずみを解消するクリームをお探しならコチラへ

お尻の黒ずみに専用クリームが良い理由とは

お尻の黒ずみ専用クリームには、角質層が硬いお尻に浸透しやすいように工夫されていたり、美白成分や保湿成分がたっぷりと含まれています。お尻の黒ずみはメラニンが沈着していることもありますが、角質が厚くなっているという事は毛穴にも皮脂や汚れが詰まってしまい酸化して黒くなっていることもあります。

こうなってしまうと、この毛穴の汚れを落とすピーリングが必要になりますし、ピーリングをくりかえす事によって角質層が次第に落とされ肌のターンオーバーが促されていきます。厚みのある角がはがれていけば、メラニンもどんどん浮き出されていくので黒ずみが次第に改善されていきます。

メラニンにより黒ずみができる

それだけでなく、奥深くにできたメラニンに直接働きかける美白成分がお尻に浸透してメラニンが自然に消えていくようにすることも大切なのです。これができるのはオロナインではなく、お尻に浸透しやすくした専用のクリーム。う表皮だけを殺菌するオロナインでは出来ない事が、お尻黒ずみ解消クリームにはできるという事です。

理論的に考えても、肌荒れ専用のオロナインがどうしてお尻に黒ずみに効果がないのが理解できるはずです。クリームが白いのは、殺菌効果のある成分だからで決して美白成分が含まれていないのだということを頭に入れましょう。

お尻の黒ずみを改善するのはじっくり、しっかり浸透するクリーム

黒ずみに改善には、角質を取り去り肌のターンオーバーを正常にすることからはじめなくてはいけません。ボディ用のピーリングやゴマージュで、毛穴の汚れや角質をしっかり除去してからクリームを使えばより効果が早くに感じることができます。

そんなケアにおすすめしたいのは、パラネージュのパックです。美白パックとしても話題の「パラオの白泥」でお尻の黒ずみをすっきりと改善してくれます。パラオは今では美白ツアーが組まれる人気で、泥を体に塗る事で見違えるような透明感が生まれるそうです。

美容クリームを塗ることで正しいターンオーバーで黒ずみが解消される

このパックはもちろん素晴らしいのですが、お尻の黒ずみだけでなく、ヒップアップも同時にできるマッサージクリームとしても使えるピーチローズは、ピーリングジェルとセットで購入すればザラザラしたお尻もつるつるになり、黒ずみも改善し、マッサージでキユッと引き締まった美尻が手に入ります。

このように安価で効果がはっきりしないオロナインよりも、お尻の黒ずみだけでなく見られても安心な美しいお尻を手に入れることができるクリームがたくさんあります。お尻のトラブルは、黒ずみだけでなく乾燥や毛穴つまりなども悩みのタネのはずです。

女性にとって美しいお尻を手に入れる事は、自信を取り戻すことにもありますしより女性としての魅力をアップすることにも繋がります。お尻の黒ずみを少しでも早く解決する為にお尻の黒ずみ専用クリームで毎日ケアを続けましょう。

お尻の黒ずみをクリームで解消したいなら
こちらの記事がおすすです

お尻の黒ずみを解消する!おすすめの尻黒ずみ解消クリームランキング

2017.02.17