お尻の黒ずみにおすすめの市販薬はコレ!薬局で購入する際の注意点

薬局で買えるものに効果があるのか?

お尻のトラブルは何かしら抱えているものですが、黒ずみは「汚ならしい」イメージがあるので人に相談したりすることができません。

そんな時に考えるのは「お尻の黒ずみに市販薬は効くのだろうか?」ではないでしょうか?

市販薬はにも色んなものがありますが、特に美白効果があるものであればお尻の黒ずみが改善しそうな気がします。

今回はお尻の黒ずみに効きそうな市販薬の選び方などを紹介していきます。

お尻の黒ずみ解消する!おすすめの尻黒ずみ解消クリームランキング

2017.02.17

このページでわかること

  • お尻の黒ずみを解消するためのポイントがわかる
  • お尻の黒ずみに効果のある市販薬がわかる
  • 市販薬だけでは治らない黒ずみへの対策がわかる

お尻の黒ずみ改善には3つの成分が必要です

お尻の黒ずみに効果のある成分

まずは、お尻の黒ずみを解消するための3つの成分を紹介してきます。お尻の黒ずみを改善するためにはお尻に効果のある成分が配合している薬を使わなければなりません。こちらでは3つのお尻に効果のある代表的な成分を紹介してきます。

1.角質をやわらかく肌のターンオーバーを促す成分

肌のターンオーバー

肌は乾燥してしまうと肌荒れをおこしたり炎症がおきやすくなってしまいます。外的な要素だけでなく、睡眠不足や生活習慣の乱れも肌のターンオーバーを狂わせてしまい角質層を厚くするのです。まずはこの角質層をやわらかくし、乾燥しない肌にする成分が必要です。

2.保湿効果があり水分を閉じ込めてくれるもの成分

水分を保つ

肌のターンオーバーが正常化しても、保湿力がなくては黒ずみはまたおきてしまいます。黒ずみの改善だけでなく予防の為にも、保湿効果が高くしっかり水分を閉じ込めてくれる薬を選びましょう。

3.美白効果のある成分

保湿クリームを塗りましょう。

できたメラニンは、美白効果のある成分を浸透させることで消していくことも考えなくてはいけません。できたメラニンを薄くするビタミンC誘導体やメラニンんの生成を阻害するアルブチン、プラセンタ、カモミラエキスなどが含まれている市販薬であれば効果も期待できます。

薬局で購入できる市販薬の特徴

市販薬には色々なものがあり、それぞれに特徴があります。

その特徴を理解した上で選ばないと、使ってもまったく効果を感じる事ができません。自分のお尻の黒ずみの原因に合わせた市販薬を選ぶことも大切です。また使っていても改善されない、肌の調子がいまいちな場合にはすぐに中止することも忘れずに。

お尻の黒ずみにおすすめしたいお尻の黒ずみ専用クリームはこちら


市販薬はお尻の黒ずみ予防には効果はあるけど改善には弱い理由はこちら

市販薬でお尻の黒ずみを改善するのは?

黒ずみにクリーム

塗り薬は、お尻の色んなトラブルを改善してくれるのでオールマイティな市販薬です。塗り薬はクリームタイプが多いので、肌を乾燥から守ってくれたりするので乾燥から黒ずみが出来ている人に向いています。肌のターンオーバーを促進して、メラニンの生成を抑えながら改善していきます。

代表的な市販薬

オロナイン

オロナイン

オロナインは軟膏で、肌トラブルに効くオールマイティな市販薬です。家庭にも必ず用意されているので、手軽に使うことができます。

炎症を抑えたり乾燥を防ぐ薬なので、メラニンに直接効果をもたらすものではありません。

ケラチナミンクリーム

ケラチナミンクリーム

ハンドクリームでもお馴染みのケラチナミンは尿素を配合した塗り薬で、硬くなった角質を尿素で柔らかくして肌の保湿成分を尿素が集めて潤いをキープしてくれます。

皮膚科などでも、ケラチナミン入りのクリームはアトピーや乾燥肌対策として用いられ低刺激で安全性が高いものです。主に保湿と角質を溶かして古くなったものを取り去るのがケラチナミンの力です。古い角質がなくなれば肌のターンオーバーが働くので、黒ずみにも効果が期待できます。

アットノン

アットノン

火傷や傷跡の修復や、硬くなった角質をやわらかくする等メインは皮膚の再生を促す市販薬です。抗炎症効果や保湿作用があり肌のターンオーバーに合わせて肌を修復していきます。

ニノキュア

ニノキュア

腕のブツブツの治療薬ですが、尿素が高濃度でお尻にも使える薬です。ケラチナミンコーワ同様に角質を軟化して肌を整える事で黒ずみを改善する効果が期待できます。

これらの市販薬の特徴は「古い角質を落とす」事です。お尻の黒ずみの原因でもある角質化の改善に、これらの成分が浸透する事で効くというものですが、お尻の黒ずみは角質が硬くなった事でメラニンが真皮の奥にできています。

これを改善するには肌のターンオーバーを正常化するだけでなく、出来たメラニンに直接働きかけなくてはいけません。これらの市販薬には、美白効果のある成分は含まれていないので自分の治癒力を高めなくてはなりません。

そうなると長期的に使う事になりますが、市販薬は長期使用は危険ですし効果がない場合は医師に相談するように勧められています。使用して改善が見られないなら、皮膚科でピーリングをしてもらう方がかえって安くなるでしょう。

ケシミンクリーム

ケシミンクリーム

ケシミンクリームは、シミの改善のクリームでビタミンCが角質に浸透するだけでなくビタミンEで血行を促し肌のターンオーバーを促進してシミを改善します。

シミに効果的な成分が豊富ですが、角質の軟化まではクリームではできません。ピーリングと合わせて使えば期待も出来ますが、顔のシミやデコルテラインなどの紫外線によるシミ予防やケアのクリームですから、角質の厚いお尻にどこまで効果があるかは未知数です。

お尻の黒ずみにおすすめしたいお尻の黒ずみ専用クリームはこちら


市販薬はお尻の黒ずみ予防には効果はあるけど改善には弱い理由はこちら

保湿効果にすぐれた市販薬

馬油

馬油

古来から保湿効果のある薬として親しまれてきた馬油は、シャンプーなどにも使われていて保湿効果だけでなく抗炎症作用があり肌を正常な状態にキープしてくれます。

人間の皮脂に近いので浸透力も非常に高く、効果も期待できます。ただ油ですから、お尻に塗るとなるとベタツキがあり使いにくいこともあります。

ワセリン

ワセリン

保湿効果にすぐれていますが、角質をやわらかくしたりする効果はありませんのでピーリングのあとの保湿クリームとしては有効ですが黒ずみを消す効果は期待はできません。

ニベア

ニベア

オロナインと並んで日本では有名なニベア。保湿クリームとして全身にも使えるので、お尻のケアに使っている人もいるようです。ニベアは黒ずみ予防の保湿クリームとしては使えますが、できた黒ずみを改善する力は弱いので単品で使ってもお尻がキレイになるとは言えないでしょう。

ピーリング効果のある薬

AHA

AHA

AHAは「α-ヒドロキシ酸」の事で「フルーツ酸」によって古い角質を落とすことができる石鹸です。このフルーツ酸は、ピーリング効果はマイルドなので
グリコール酸を配合することでピーリング効果を高くしています。グリコール酸は皮膚科のケミカルピーリングにも使われていますのでそれなりの効果は期待出来ますが、角質の硬いお尻には何回か使用しないとなかなか角質は落とせません。

ハトムギジェル

ハトムギジェル

グリコール酸が配合されたジェルタイプのピーリングです。アクリル系のゲル化剤とカチオン界面活性剤(ステアルトリモニウムクロリド)がメインの処方ですので、敏感肌の人は使いすぎると肌あれを起こす可能性もあります。ピーリング効果はあるものの、あまりおすすめはできません。

ロゼット洗顔パスタ

ロゼットパスタ

昔ながらのシリーズですが、このロゼッタには硫黄が配合されていて角質を削り殺菌までしてくれるかなり強力な石鹸です。毎日使うのは刺激があるのですが、角質のピーリングという点ではかなり有効なです。洗顔料ですが、お尻の角質は硬いので問題なく使えます。

これらのピーリングは、角質化したお尻をやわらかくするというようも角質を削ったり落とす効果が期待できます。黒ずみに効果がありそうな感じもするのですが、人によっては成分が合わなかったり肌あれを起こしてしまう可能性もないとは言えません。

角質が厚く硬いから丈夫なわけではありませんし、常に椅子などの圧迫を受けていますのでどちらかといえば皮膚は弱いはずです。このようなピーリングは薬局で簡単に手に入りますので、市販薬と合わせて使えば効果が高いような気もしますが、簡単なのでやりすぎてしまうことで乾燥が強くなることも考えられます。

お尻の黒ずみ解消する!おすすめの尻黒ずみ解消クリームランキング

2017.02.17

市販薬はお尻の黒ずみ予防には効果はあるけど改善には弱い

市販薬を幾つか紹介しましたが、市販薬にはお尻の黒ずみに劇的に効果があるような成分はあまり含まれておらず、多くは「保湿力と角質の軟化」に効き目があるようなものが多いです。

黒ずみを改善するのは、硬い角質を取り去りできたメラニンに働きかける成分が浸透しなくてはいけません。市販薬は肌をやわらかくしたり、乾燥を防いで黒ずみができにくい肌にキープすることはできますが、できたメラニンを薄くする効能は期待できません。

どれもお尻専用ではなく、肌荒れ改善目的のものが多い事からも市販薬よりも専用のお尻クリームでケアをしたほうがより効果を感じることができます。

安くて薬局で簡単に購入できるので手早くケアをしたい人には便利かもしれませんが、長く使ったところでほんとうにお尻の黒ずみは解決することもないので、ピーリングができてメラニンを薄くする成分が含まれ、かつ保湿力が高く黒ずみができないようにしてくれる黒ずみ解消クリームを選びましょう。

市販薬とお尻黒ずみクリームはなにが違うの?

お尻の黒ずみを本気で改善したいなら、やはり専用のクリームが一番です。

お尻のクリームは、角質化しやすいお尻の事を考えた成分がたっぷり配合されているだけでなくマッサージクリームとしても使える滑らかなものです。とくにできたメラニンにしっかり働きかけ、再びメラニンが生成されないようにする美容成分でお尻を守ってくれるのが特徴です。

市販薬は肌荒れを改善したり、角質をやわらかくして保湿してはくれますが自分の細胞の生まれ変わりが正常に働かない限りはまたメラニンが作られてしまいます。

お尻のケアは、ボディケアと同じで毎日行うものですから市販薬のように「一時的に改善したら使わない」ものではなく、お尻の保湿を含めたケアとして使用できることが大切なのです。

お尻の黒ずみにおすすめしたい黒ずみクリームはコレ!

お尻の黒ずみを本気で解消するならお尻専門の黒ずみクリームを使った方がいいでしょう。

黒ずみクリームでは、お尻の黒ずみを改善するために成分をしっかり配合し、またその配合率も研究されお尻の黒ずみを解消する目的で作られています。

そのため、市販薬に比べて効果が圧倒的に違います。そんな黒ずみ用のクリームでおすすめしたいクリームを紹介します。

第1位ビーチローズ

隠れたお尻の黒ずみやシミ・ニキビにアプローチ

スキンケアはオロナイン以外でしましょう。

ピーチローズ

ここがおすすめポイント!

  • お尻の黒ずみ専門クリーム
  • 累計販売数270,000個突破!
  • モンドセレクション3年連続受賞
  • 使ってみたいヒップケア商品No.1
  • 口コミの評判が良いNo.1
  • お客様満足度92.1%
  • 60日間の返金保証付き
  • 学会にも研究結果を発表
  • メディアにも多数取り上がれモデルも愛用
  • 国内製造で品質管理を徹底
有効成分の一覧を見る
【ピーチローズ全成分表示】
無着色、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリー、アレルギーテスト済、旧指定成分無添加、日本製。
[有効成分]
アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム
[その他の成分]
トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、モモ葉エキス、イザヨイバラエキス、バラエキス、レモングラス抽出液、ノバラエキス、大豆エキス、プラセンタエキス-1、ビタミンA油、酢酸トコフェロール、トウモロコシ油、水酸化K、BG、濃グリセリン、ラフィノース水和物、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、エチルヘキサン酸セチル、メチルポリシロキサン、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、精製水、香料
[効能・効果]
にきび、あせもを防ぐ。肌あれ。あれ性。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。油性肌。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。
※ 医薬部外品 ※ パッチテスト済み

お尻の黒ずみならピーチローズ

ピーチローズの効果は?使い心地を体験レビュー!

2017.07.03

ピーチローズの口コミを見たい方はこちら

お尻は常にダメージを受ける環境にある

お尻が黒ずむ原因はお尻特有の複雑なダメージ環境が影響しています。

お尻は常に下着による魔説や締め付けにより刺激を受け続けています。また最近はデスクワークをする機会が多くなり、お尻は常に外部からの刺激を受け続けています。

  • 摩擦・刺激
  • 過度な圧迫
  • 汗の群れ
    • このような過酷な環境にいるお尻は常に黒ずみになるリスクを孕んでいます。

      ピーチローズがなぜお尻の黒ずみに効果があるのか?

      ピーチローズがお尻の黒ずみに効果あるのは3つのポイントがあります。

      お尻の厚い角質を柔らかくする!

      一般的なヒアルロン酸のサイズから300分の1にナノ化した「超・低分子ヒアルロン酸」を配合しています。そのため、角質の奥深くへ浸透し厚く固くなった角質に十分な保湿を与えて角質層自体を柔らかくします。

      角質層が柔らかくなることでターンオーバーが正常に働き、黒ずみの原因となる色素沈着などを綺麗にすることができます。

      また超・低分子ヒアルロン酸は一般的なヒアルロン酸に比べても保湿力が高いため非常に高い保湿力を有しているためお尻環境を整えてくれます。

      プラセンタ&アルブチンさらにセラミドでお尻環境を整える!

      ピーチローズに含まれている高濃度プラセンタとアルブチンが優しく肌を整え、メラニン色素を含む角質層をケアしながら集中美白します。

      ブラセンタ・アルブチン・セラミドで肌が失った保湿機能を回復させて肌のバリア機能を復活させています。

      過酷な環境にいるからこそ、お尻には弾力とハリが必要になってきます。

      ピーチローズではこの弾力とハリを取り戻すための成分がたっぷり入っています。

      ピーチローズ
      商品名 ピーチローズ
      用量 5g
      価格 10000円
      定期購入 4695円53%OFF
      ※途中解約OK
      返金保証 安心の60日返金保証付き
      特典 回数制限なしの無料カウンセリング付き、休止・変更OK・女性スタッフが対応・ごほうびシール・ノベルティプレゼント

      ピーチローズの効果は?使い心地を体験レビュー!

      2017.07.03

      返金保証60日の53%OFFで試せる!
      お尻の黒ずみならピーチローズで決まり!

      ピーチローズはお尻の黒ずみの集中ケアができる美容クリームで、お尻のクレンジングジェルとセットで使う事で角質ケアから美尻ケアまでができるのです。

      まとめ

      人前で裸になれない、自信がない・・・そんな人は一時しのぎの市販薬を使うよりもピーチローズで美しいお尻を取り戻しましょう。

      またお尻をパックすることで黒ずみが消えるパラネージュは、エステでも話題の「パラオの白泥」を使っているので簡単なケアで黒ずみを解消することができます。毎日行なうケアだからこそ、自分が納得できるものを使いたいもの。

      市販薬で改善できれば、安上がりかもしれませんが見えないお尻をしっかりケアしてこそ女子力もアップするものです。専用クリームで憧れの美しいお尻を手に入れてください。

      お尻の黒ずみ解消する!おすすめの尻黒ずみ解消クリームランキング

      2017.02.17