徹底解説!傷跡の色素沈着した黒ずみにもう悩まない!

ケガ火傷色素沈着

ちょっとした不注意でケガや火傷をして、それが傷痕になることがあります。
すると、その傷跡が原因で色素沈着を引き起こし残ってしまった経験はありませんか?

傷跡の黒ずみは年単位で消えないものが多く。
そのため、色素沈着の黒ずみで長年悩んでいる人は比較的多いのではないでしょうか?

黒ずみがあると、好きな服を着れないときがあると思います。
傷跡が黒ずんでいる箇所を他人に見られることが気になって、肌を出すことに躊躇します。

例えば、ウェディングドレスを着たい人にとって、肩や首周りにできる黒ずみはどうにかして治したいと思う箇所でしょう。

傷跡からできる色素沈着の黒ずみは一度できるとなかなか治らないものです。
少しでも早く治すためにはどうすればいいのか?
その方法を徹底解説していきます!

なぜ出来る?傷跡と黒ずみの深い関係!

傷跡と一言でいってもできてしまった理由は一通りではなくいくつもあると思います。

《傷痕が残るまでの過程》

  • 火傷
  • 擦り傷・切り傷
  • ニキビ
  • 虫刺され

などがあげられますが、これ以外にも肌が傷つく原因というのは実際いくつもあります。

傷跡になってしまう肌の傷つき方

肌が傷ついた経験は誰しもあるものなので実感がある人がほとんどかと思いますが、傷跡には肌が傷ついても跡として長年残るものとすぐに消え去ってしまうものの2通りがありますよね。
その2つにはどういった差や違いがあるのか見ていきましょう。

肌は表面から見たらわかりませんが、断面を見ると実はいくつもの層になっており大まかに分けると上から

表皮→真皮→皮下組織

という3層構造となっています。

肌では通常ターンオーバーといって新陳代謝が行われており、あるサイクルで生まれ変わらせてくれています。
ターンオーバーは主に表皮層で行われており、ロケット鉛筆のように表皮の深部では新しい組織が生まれその代わり表皮の表面の組織は剥がれ落ちていきます。
実はここに肌に傷痕が残るか残らないかという秘密が隠されており、表皮層までの傷の場合はターンオーバーによって肌が生まれ変わり再生され比較的に傷痕は残りづらいです。

しかし、表皮層の更に下である真皮層まで達してしまっている深い傷の場合は、肌の再生はされづらく長年跡になって残ってしまう事が多いです。

ターンオーバー

傷痕が色素沈着して黒ずむ理由

肌が傷つくということは肌にすごく大きなダメージを与えることです。
肌は刺激を感じると、自身を守るためにメラノサイト細胞が反応しメラニン色素を生成するのを促します。
これより肌が傷ついた場所では、単なる傷だけではなくメラニン色素が沈着して黒ずんでしまう事がほとんどです。

この上大きな傷であればあるほどたくさんのメラニン色素が生成され、肌が傷ついていることによってターンオーバーが正常に行われなくなることもあり、メラニン色素が排出されることなくどんどん溜まり肌が長年黒ずむことに繋がってしまいます。

これが、肌が傷つくことによって同時に肌が黒ずんでしまう理由です。

肌が傷ついてしまうと肌が刺激を受け取ってしまうので色素沈着の黒ずみは必ずセットでついてきてしまうのです。
傷だけではなく色素沈着にも悩まされるなんて嫌ですね。

必見!肌が傷ついた時に黒ずみを予防・悪化させない方法!

皮膚科

肌が傷ついた時に適当な処置をしたままだと傷跡の黒ずみは良くなるどころか更に悪化してしまいます。
ここではそんな事がない様に、意識すべきことや気をつけるべき事を紹介していきます。

保湿をする

これは傷跡だけの問題ではなく肌全体のことに言えることですが肌を乾燥させてしまうと、ターンオーバーが正常に行われなくなります。
これは傷ついた肌や黒ずんだ肌には良くない事で、ターンオーバーが行われなければ肌が再生されづらくなってしまい、溜まったメラニン色素が排出される事がなくなります。
なので、クリームなどを塗って保湿を心がけましょう。

紫外線対策

紫外線対策は肌が傷ついていない場合もしっかりと行って欲しいですが肌が傷ついている場合はそれ以上に注意して行って欲しいです。
なぜなら傷跡になった肌は皮膚が薄くなっておりすぐに紫外線からの刺激を感知しメラニン色素を生成してしまいます。
通常の肌よりも紫外線によって色素沈着してしまい黒ずみやすい状態でもあるのです。
日焼け止めをぬったり、紫外線が直接あたるのを防ぐために日傘をさしたり長袖を着て工夫しましょう。

触れない

傷ができた事によって、気になって触りすぎたり構いすぎたりする人が多いと思いますがそれは要注意です。
触りすぎると肌が刺激と受け取り余計にメラニン色素を生成させて色素沈着して黒ずませてしまいます。
もちろん、かさぶたを無理に剥がしたりするのも肌に刺激になるのでやめましょう。
乾燥によって痒くなって掻き毟るのもやめましょう。こういうところでも色素沈着を防ぐために先程も言った肌の保湿というのは大切だということがわかりますね。

新たな黒ずみの予防方法や悪化防止について紹介しました。
あげた点について意外と意識していない人は多かったのではないでしょうか?
特に傷跡を触ったりかさぶたを剥がしたりするのが癖になったりする人というのは多いと思うので気をつけましょう。

傷跡の黒ずみを解消する方法とは?

黒ずみがなかなか消えてくれないと肌を露出するのもためらってしまい、そんな時特にどうにかして早く黒ずみを解消しまいたいですよね。
そんなお悩みのためにここでは、いくつかの傷跡の色素沈着の黒ずみを解消する方法を紹介していこうと思います。

皮膚科での治療

皮膚科の場合専門の医師に相談し専用の治療を受ける事ができるので傷跡の黒ずみに悩んでいる人の中でも受診される方はいます。

《皮膚科の治療法》

皮膚科の治療法:レーザー治療

レーザーと聞くと少し肌には強そうで怖いイメージを持つ人もいると思いますが、実際は肌への刺激も弱く傷跡の状態にあわせてレーザー治療を行います。
メラニン色素を直接分解してくれ、一度でも効果を得られるのがレーザー治療の利点です。
黒ずみとは直接関係はないですが、傷によって肌が平らではなくデコボコした様な状態になったものを平らに改善するレーザー治療というのもあります。

皮膚科の治療法:ケミカルピーリング

こちらは、ターンオーバーを促してくれる治療法です。
直接メラニン色素を破壊すると言った効果はないものの、黒ずみだけではなくそれ以外の肌の状態を改善させる効果ももっています。

皮膚科の治療法:塗り薬

皮膚科ではハイドロキノンを多く配合された塗り薬を処方してもらえる事があります。
ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれており従来の美白成分の何十倍の美白効果を持っているともいわれています。
こちらのハイドロキノン配合の塗り薬は効果は絶大ですが、光や紫外線に弱く変質しやすいので取り扱いには注意しましょう。
また、肌への刺激が大変強いので肌に合わない人もいるので、医師としっかり相談し無理のない範囲で使用する様にしましょう。

ワンポイントアドバイス

ここまであげた皮膚科での治療は美容医療の範囲であるため保険適用外になる可能性が非常に高いです。
例えばレーザー治療の場合、5回から10回程度で改善が見込めるものの場合1回1万円~3万円かかると見ておいてください。
また、医師の腕や医療機器によって効果に差があるので絶大な信頼を置くのではなくリスクもしっかりと見通しておきましょう。
先生のワンポイントアドバイス

黒ずみ専用美白クリーム

通販などで購入する事ができる美白クリームもじつは傷跡の色素沈着の黒ずみを解消するのにオススメしたいです。
傷跡に使うもののため、薬局で購入したものであったり皮膚科で処方してもらったものでなければ、肌に悪そうで心配という人もいると思います。
しかし、こういった美白クリームは黒ずみを改善させるだけではなくデリケートゾーンや、脇や乳首などデリケートな場所に使用することも考えられているものもあるため非常に肌に優しく黒ずみ改善の効果もしっかり得られるといったものが沢山あります。

配合されている成分には「トラネキサム酸」「ハイドロキノン」など、メラニン色素に効果のある強い美白効果のある成分が配合されています。

トラネキサム酸は医薬品として初めて肝斑の改善が認められた炎症抑制作用も持っている黒ずみだけでなく肌の正常化にも働きかけてくれる成分です。

ハイドロキノンは先ほど皮膚科の部分で紹介しましたが、強い美白効果をもつ美白成分です。

これ以外にもアルブチンやビタミンC誘導体など美白効果のある成分が配合されているものが多くそのほとんどの黒ずみ専用美白クリームに美容成分も数多く配合されています。

つまり、傷跡の黒ずみを改善してくれるだけではなくてクリームをぬった場所の肌のキメやハリを改善してくれるという効果も持ち合わせているという事です。

この販売されている製品のほとんどが1万円以内で購入する事ができ定期便などで購入するとそこから更に大幅に割引してくれる事もあります。

なので、まず黒ずみが気になった場合は自分が気になった黒ずみ専用の美白クリーム使用するのを試してみるのをオススメしたいです。

傷跡に色素沈着した黒ずみを改善する方法について紹介しましたが、皮膚科は金額的にも手に出しづらいという人が多いと思うので悩んだらまず、黒ずみ専用の美白クリームを試してみるのをオススメしたいです

配合されている成分はホームページなどでも紹介されていますし、無添加のものも数多くあるので安心して試す事が可能ですよ。

傷跡の色素沈着した黒ずみにオススメな美白クリーム

ホワイトラグジュアリープレミアム
商品名 ホワイトラグジュアリープレミアム
商品説明 バストトップ・デリケートゾーンを美白に導く薬用クリーム。美白成分を贅沢に配合。さらにプラセンタエキスなど美容成分も配合しているため、これ1つでトータルケアが可能。無添加、日本製。
用量 25g
美白有効成分 コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC・プラセンタ・無着色・無香料・無鉱物油・界面活性剤不使用・ノンアルコール・パラベンフリー・アレルギーテスト済・旧指定成分無添加
価格 通常価格:9,980円(税込)→定期購入5,980円(税込)4,000OFF
特典 お届け日変更可能・定期コース特別価格・送料無料・ポイントが貯まる・途中解約or休止OK・お届けペース変更可・90日間の返金保証
マスターホワイト
商品名 マスターホワイト
商品説明 美容成分プロテオグリカン・アスタキサンチンやL-シスチン・ヒアロコラーゲン(ヒアルロン酸・コラーゲン)・エラスチン・セラミドほかザクロ果皮エキス・アセロラ・ビタミンEなど16種類の美容成分により、必要な栄養素をバランスよく吸収し、毎日の美容と透明感をサポートするサプリメントです。
用量 120粒(1日3粒)
美白有効成分 コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC・無着色・無香料
価格 通常価格:10,800円(税込)→初回6,480円(税込)4320円OFF
特典 薬用美白オイルバーム「マスターホワイト」プレゼント
透肌生活
商品名 透肌生活
商品説明 ハイドロキノンを4%配合したポイント集中ブライトングケア用のクリームです。ハイドロキノンをナノカプセル化した事により、肌の奥深くまで高濃度でのアプローチを実現しました。使い続けることで明るく透明感のある肌に導きます。
用量 5g
美白有効成分 水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ハイドロキノン、メドウフォーム油、DPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ペンチレングリコール、水添ヤシ油、アラキジルアルコール、グリセリン、ジメチコン、シア脂、ミツロウ、ベヘニルアルコール、水添パーム核油、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、アラキルグルコシド、水添パーム油、クエン酸Na、ラウリルカルバミン酸イヌリン、アスコルビン酸、酢酸トコフェロール、キサンタンガム、EDTA-3Na、ビタミンA油、ブドウつるエキス、アスタキサンチン、トコフェロール、エタノール、リン脂質、プロピルパラベン、メチルパラベン、ピロ亜硫酸Na
価格 通常価格5400(税込)→定期コース2,160円(税込)60%OFF
特典 送料無料・定期コース60%OFF・プレスピュアVCミニセット

まとめ

ここまで、傷跡に色素沈着した黒ずみについて詳しく紹介してきました。
長年悩んでいる人が多くいるこの色素沈着の黒ずみですが改善する事は決して不可能ではありません。
黒ずみ専用の美白クリームの場合は金額的にも手を出しやすい価格だと思うので試して見てはいかがでしょうか?
それでも改善されなかった場合皮膚科で専門の医師に相談してみるというのでも決して遅くはないと思います。1人1人が気持ちよく黒ずみを改善できると嬉しいですね。

色素沈着サプリランキング【2017決定版】色素沈着に本当に効くサプリメントとは?

2017.03.02