ヒアルロン酸が黒ずみに効果あり?ヒアルロン酸と黒ずみの関係を徹底解説

ヒアルロン酸

あなたはヒアルロン酸と黒ずみの関係を知っていますか?

化粧品によくヒアルロン酸配合と書いてあるけど、ヒアルロン酸が肌にどんな影響を与えて、肌の黒ずみ解消にも効果が有るのかどうか?

実はよくわかっていない、そう思っている人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、ヒアルロン酸が配合されている美容化粧品としては、

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • サプリメント
  • シャップ−
  • トリートメント
  • 育毛剤
    • など多用な美容化粧品の中に配合されています。今後も様々な美容化粧品の中で使われていくでしょう。

      そこで、黒ずみで悩んでいる人にとってヒアルロン酸は黒ずみにどのような影響を与えるのか?ヒアルロン酸について詳しく解説していきたいと思います。

      ヒアルロン酸は肌にとって非常に重要な役割をしています。ヒアルロン酸について詳しく知ることで黒ずみのない白く透明感ある肌になるための知識を身に着けましょう。

      ヒアルロン酸って何?意外と知られていないヒアルロン酸のなぞ

      もともとヒアルロン酸は、ニワトリのトサカから抽出されていました。
      そのため、抽出量が非常に少なく、ヒアルロン酸が世に出始めた頃は非常に高価な成分でした。

      ヒアルロン酸は肌の保湿成分としては非常に優秀であり、
      乾燥肌の人がヒアルロン酸配合の保湿液を塗ると肌の乾燥を改善してくれます。
      ごく少量のヒアルロン酸でも肌に十分な保湿ができるということで大変注目される成分としてヒアルロン酸配合の化粧品は非常に注目されました。

      ちなみに1グラムのヒアルロン酸で約6リットルの保水力があると言われており、
      非常に高い保水力を持った成分です。

      ヒアルロン酸が減少すると肌の保湿力は低下する

      ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれるゼリー状物質で、肌の真皮に存在します。
      真皮にはりめぐされたコラーゲンとエラスチンの網目構造の間を埋めて水分を保湿し、肌のハリと弾力を与えています。

      ヒアルロン酸は水分を含む力が非常に強く、このヒアルロン酸がたくさんあるとほど、水々しい真皮になります。

      年齢とともにヒアルロン酸は減っていくため真皮の水分も減少します。
      つまり、ヒアルロン酸がもっとも多く真皮にある時期は生まれたての赤ん坊のときだけです。

      体の各所で重要な役割を担っているヒアルロン酸

      実は、ヒアルロン酸は肌の細胞の中だけに存在していると思われがちですが、体の至る所に存在し、さまざまな役割を担っています。
      例えば、腕や足の関節の中に存在し、ゼリー状のヒアルロン酸が関節と関節との衝撃や摩擦から守るための潤滑油のような働きをしていたり、関節の動きをスムーズする役割も担っています。また目の乾燥を防ぐ目的で網膜の中にもヒアルロン酸は存在します。

      このようにヒアルロン酸は体の至る所に存在し、保湿や潤滑油のような体を滑らかにする働きをしています。

      人体のいたるところで役割を担っているヒアルロン酸ですが、年齢を重ねるごとに減少します。
      また食事から直接ヒアルロン酸を摂取できず、真皮にある「線維芽細胞」から新しく生成します。
      この線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを生成する細胞でヒアルロン酸も生成します。

      コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は真皮細胞でハリと弾力と保湿を保つ大切な成分です。
      そのため、線維芽細胞が正常に機能しているかどうかが肌の若々しさを保つためには非常に重要になります。

      ヒアルロン酸を体の中で生成するため必要な栄養素は?

      ヒアルロン酸は外から補う事ができないとご紹介しました。
      つまり、失ったヒアルロン酸を補充するためには、体内で新たに生成する必要があります。
      ヒアルロン酸は、線維芽細胞から作られる成分です。
      線維芽細胞は体内に蓄積しているアミノ酸を主成分として生成します。

      この線維芽細胞は年齢を重ねるごとにヒアルロン酸生成能力が落ちていきます。
      そのため効率的に生成するためにヒアルロン酸が生成しやすい環境をつくるためにも
      ヒアルロン酸を生成するのに必要な栄養素を日頃の食事から摂取する必要があります。

      ヒアルロン酸を生成するのに役立つ栄養としては
      「マグネシウム」「亜鉛」の摂取が重要になってきます。

      マグネシウムと亜鉛が体内に十分蓄えられていると
      線維芽細胞が活性化せれ、ヒアルロン酸の生成に役立つ。
      また、線維芽細胞はヒアルロン酸の他にセラミドやエラスチンなども生成しており、
      マグネシウムと亜鉛を摂取することでこれらの成分も新しく作られます。

      マグネシウムを多く含む食材

      野菜 枝豆・しそ・オクラ・パセリ
      種類 ゴマ・アーモンド・落花生・ビーナッツ
      豆類 きな粉・大豆・油揚げ・納豆・グリンピース
      海藻類 アオサ・わかめ・ひじき・昆布・のり
      魚介類 干しエビ・するめ・なまこ・あさり・フカヒレ

      亜鉛を多く含む食材

      肉類 牛レーバー・豚レバー・鳥キモ・肩ロース
      魚介類 牡蠣・煮干し・するめ・カニ・うなぎ
      豆類 きな粉・大豆・油揚げ・納豆
      種類 松の実・ゴマ
      乳製品 チーズ・牛乳

      ヒアルロン酸配合の化粧品を使ってさらに水々しい肌に

      ヒアルロン酸は非常に高い保水力と保湿力があることはご理解頂けたと思います。
      また、ヒアルロン酸は体外から補充することができず、
      体内で新しく生成していく必要があることもご理解頂けたと思います。

      次は、さらに水々しい肌を手に入れるために、
      ヒアルロン酸配合の化粧品について紹介してきます。

      発見当初は、ニワトリのトサカから抽出されていたこともあり、
      天然のヒアルロン酸は非常に高価で化粧品に気軽に配合できるものではありませんでした。

      しかし、近年の研究によりヒアルロン酸を合成することに成功し、
      非常に安価にヒアルロン酸を生成することが可能になったのです。

      今では多くの化粧品に配合されているヒアルロン酸ですが、
      そのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

      ヒアルロン酸配合の化粧品を使うメリット

      ヒアルロン酸は保水力が非常に強いということはご理解したと思います。
      純度の高いヒアルロン酸を含んだ化粧品を使えば、肌を乾燥から守ることに繋がります。
      またヒアルロン酸は同じく真皮で保湿の役割をになっているセラミドと違い、水溶性の成分です。

      そのため、化粧水などの水分の多い化粧品にも配合できるため、
      多くの化粧品で配合されています。

      セラミドはヒアルロン酸のように保湿以外にも肌を水々しくする作用がありますが、
      水には溶けにくい成分なので、油分のある乳液やクリームなどに配合が限定されがちです。

      それに比べ、ヒアルロン酸は水溶性でさまざまな化粧品に配合できるため使い勝手がいいです。
      また、人工的に合成することができ、効果は天然成分とほぼ変わらない為、
      今多くの化粧品に配合されています。

      ヒアルロン酸配合の化粧品を使うデメリット

      保水力と保湿力に優れたヒアルロン酸ですが、
      メリットばかりではありません。

      ヒアルロン酸はセラミドのように肌に浸透していくことがないため、
      ヒアルロン酸配合の化粧水や乳液を使いすぎると肌がベトベトして違和感を感じることがあります。

      またヒアルロン酸は真皮に存在することでその保水力と保湿力を発揮する成分なので
      表皮の上に合っても本当の真価を発揮することができません。

      セラミドと似た役割がありますが、
      ともに一長一短があります。

      ヒアルロン酸配合の化粧品は黒ずみに効果があるのか?

      ヒアルロン酸配合の化粧品が黒ずみに効果があるのか?
      この疑問について知りたい方は多いと思います。

      率直な意見を述べるとヒアルロン酸は黒ずみに有効です。
      では、どのような観点からヒアルロン酸が黒ずみに有効なのか?
      ご説明していきます。

      ヒアルロン酸の保湿力は、黒ずみ予防に最適!

      ヒアルロン酸は肌の保湿を守る重要な役割を担っています。
      ヒアルロン酸配合の化粧品を使用することで肌の乾燥を防ぐ役割があるため、
      ヒアルロン酸が配合されていない化粧品と比べれば保湿力は一目瞭然です。

      ただし、黒ずみを解消するために効果を発揮するというよりは、
      黒ずみ予防に効果があります。

      黒ずみができる原因の一つが肌の乾燥です。
      肌が乾燥するとメラノサイトからメラニン色素が生成され
      真皮が乾燥しないようにメラニン色素の黒いカーテンでカバーします。

      このメラニン色素が表皮で色素沈着した黒ずみができても
      ターンオーバーの28日の周期で黒ずみはないくなります。

      けれど、乾燥の場合、真皮細胞を守るためにメラニン色素が作られ、
      真皮の内部で色素沈着が起こります。

      真皮ではターンオーバーはないため、
      黒ずみがなかなか解消されたないという現象が起きます。

      このように肌を乾燥させないことは黒ずみを予防するのに非常に役立つのです。

      黒ずみ予防に最適な化粧品はこれ!

      それでは、ヒアルロン酸を配合した化粧品を紹介します。

      美容クリーム:補水・保水・保湿を真剣に改善したいなら【エミーノボーテ】がおすすめ

      肌の保湿に必要なセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンを贅沢に使い25種類の保湿に有効な成分を配合したオールインワン美容クリームです。

      補水・保水・保湿をテーマに肌の乾燥から守るために作られた美容クリームです。
      非常に小さく肌に浸透しやすいセラミドが角質層の乾燥を防ぎ、ヒアルロン酸とコラーゲンが肌の表面に保湿の膜を貼ります。

      肌に潤いを与えるためだけに集中した本格派の歩騭美容クリームです。

      詳しくは「公式サイト」をご覧ください。

      サプリ:内側からヒアルロン酸を作る【プラセンタの泉360】がおすすめ

      サプリメントなら国産馬プラセンタサプリメント【プラセンタの泉360】がおすすめです。
      高濃度のプラセンタと体内でヒアルロン酸生成を助けるヒアルロン酸産生乳酸菌配合。

      この濃度のプラセンタは、抗酸化力を向上させ、細胞と細胞を繋ぐムコ多糖体(ヒアルロン酸など)の生成を助け、細胞の新陳代謝を促すなど、プラセンタは栄養の宝庫です。

      またヒアルロン酸産生乳酸菌配合は特許を取得した体内でヒアルロン酸を作り出す働きを助ける成分で、体内で作られるヒアルロン酸を飛躍的に向上させます。

      さらに、コラーゲン・セラミド・ビタミンCなども贅沢に配合し、水々しい肌を作り出すのに非常に有効なサプリです。

      返金保証も30日間ついてるので、飲んで効果を実感できなければ、返金されるの安心して試せます。

      気になる方は「公式サイト」をご覧ください。

      まとめ

      いかがでしたでしょうか?
      ヒアルロン酸は肌を保湿する成分として非常に優秀な成分です。
      水溶性であり、主な化粧品配合しやすくアレルギー反応も出にくいので、
      アトピーを患っている人にも使いやすい成分です。

      ただし、真皮内の失ったヒアルロン酸を外から補う事ができません。
      年齢とともにヒアルロン酸の量は減って行きますので、
      食事やサプリメントで内側からもサポートしていましょう。