へそ周りの黒ずみはニベアで解消できる?

ニベアはヘソの黒ずみをキレイにできいるのか?

青い缶のニベアは美白効果があると言われ、へそ周りの黒ずみにニベアを使っている人もいるようです。

保湿と肌バリアに使えるニベアで本当にお腹の黒ずみは消えるのでしょうか?

今回はへそ周りの黒ずみとニベアの関係について解説します。

へそ周りは常に黒ずみが出来やすい

ヘソ周りは黒ずみができやすい

へそに垢がたまったりゴミが詰まると、へそ周りも黒ずみが広がります。つい洗うのを忘れてしまうと黒ずみが全体的に広がる事もあるので、へそ周りは常に黒ずみ対策をしておきたい場所です。

体の中心部ですから、水着になると真っ先に目がいくのでしっかりとケアをすべき。特にへそのゴマになって肌にこびりついてしまうとなかなかそれを取り去るのが難しくなります。

加えて妊娠後やダイエットでお腹の皮膚がたるむとへそ周りもたるみがちで黒ずみが進行しやすくなってしまいます。日頃から気をつけておかないとへそ周りはすぐに黒ずみができてしまうのです。

産後のお腹の黒ずみに悩む女性は注目!お腹の黒ずみのメカニズムと解決策!

2017.02.26

へそ周りの黒ずみにニベアは本当に効くのか?

コスパの高い保湿クリームとして話題な事や高級クリームと同じ成分が含まれていることから、顔のケアに使う人もいるようです。乾燥対策や肌バリアを高める用途として使いますが、美白パックとして黒ずみ改善に使う人も少なくありません。

ニベアをへそ周りにパックして黒ずみケア?

ニベアのガッテン塗りというのが美白に効果があると口コミで話題で、ニベアパックで角栓が取れると黒ずみがなくなるというのです。

ニベアでへそ周りの黒ずみを消す方法

ホットタオルを作り、へそ周りの黒ずみが気になるところに当てて皮膚をやわらかくします。約5分程度でタオルを外してニベアを黒ずみの部分にたっぷり乗せてラップでパック。5分から10分経ったら、ニベアを拭き取ってキレイに洗い流します。一週間に一回程度のケアを続けると、黒ずみが薄くなっていくようです。

本当にへそ周りの黒ずみは消える?実はニベアには落とし穴がある!

ニベアを使って肌がキレイになったという人もいれば、反対に肌荒れをおこしてしまい使わなくなった人もいるようです。実はこのニベアは使い方を間違えると黒ずみを悪化させてしまう事もあるのです。

ニベアは普通の石鹸では落としにくい?

ニベアは石鹸では落としにくい

これはビックリですが、ニベアには油分がスキンケア用品の美容液やクリームと比べるとかなり多く含まれています。ニベアの原理は、肌に蓋をして水分を逃さないようにしたり外気からの乾燥を守るために油分を多く含んでいます。

肌に潤いがしっかりある赤ちゃんや子供の保湿力を逃さないようにはできますが、大人になり保湿力が失われているような場合、ニベアで油膜が張られてしまいその後に塗り込んでも弾いてしまいます。

保湿成分を与えた後にはニベアを塗ることで蓋をする事はできても肌を保湿する成分が含まれていないので、乾燥で黒ずみができており保湿力がない人には効果はなくより乾燥しやすくしてしまいます。またニベアの油分は通常の石鹸やボディソープでは落ちにくいので毛穴汚れをより深くしてしまう事もあります。

ニベアの油分が残ってしまうとへそ周りの黒ずみが悪化する恐れも

色素沈着し易い

油分がたっぷり含まれているので、それが残ることで肌のターンオーバーが乱れ皮脂分泌が盛んになります。そうなると乾燥肌の人は肌荒れを起こしやすく保湿力も低下するだけでなく、刺激により黒ずみが悪化する事もあります。

ニベアの油分が残ってしまうと肌荒れの原因を作ってしまう

肌荒れの原因を作ってしまう

肌は水分と皮脂のバランスが保たれることで常在菌が肌を守りますが、ニベアで油分を与え続けるとニキビができやすくなり、黒ずみの原因を作り出す事にもなります。

ではニベアでへそ周りの黒ずみが治ったというのは嘘?

ニベアの成分からすれば美白も保湿もできないわけで、特に乾燥が酷い人は改善するわけがありません。ですが効果を感じられたり、へそ周り黒ずみが改善したという人もいるようで根本的なへそ周りの黒ずみケアが間違っていたからこそニベアが効くような気がするのではないかと思います。

私もハンドクリームとしてニベアを使ったことがありますが、ベタベタするだけで乾燥は一向に治るような感じではありませんでした。きちんとしたハンドクリームを使った事で、あかぎれもなくなりましたし嘘のように手がキレイになってます。

脂性肌の人は特に要注意!

乾燥で黒ずみができている場合、先ずは保湿成分をへそ周りに与えてからニベアを塗ることで保湿力を高める事が可能です。

ニベアを蓋として使えば、保湿成分を逃すことはありませんが油分が多いために入浴ではクレンジング剤で落とさないと皮脂がそのまま残ってしまい黒ずみに繋がります。

脂性肌の人は、そもそもが皮脂が多いのでニベアを使えば使うほどに皮脂が増えてしまいニキビや吹き出物ができるようになります。思春期の肌は、皮脂も多いのでへそ周りがどんどん黒ずんでいく事にもなります。

ニベアの使いすぎでへそ周りの黒ずみを作っているかもしれません

ニベアは確かに全身に使えますが、それはきちんと保湿力がある肌や保湿成分を与えた肌に使ってこそ効果を感じる事ができるのです。
大人の肌は、子供よりも硬く角質も溜まっているのでニベアでよりそれを悪化させる事にもなりかねない事を頭に入れましょう。

それでもニベアを使ってへそ周りの黒ずみを改善したい場合は

それでもニベアを使って黒ずみを改善したい

ニベアで改善した人もいるので、安上がりだし試してみたいのならニベアでへそ周りの黒ずみ対策をしてみましょう。ただ効果は期待はできないと思いますから自己責任でやってください。

先ずはゴマージュやピーリングでへそ周りの角質を落とします。キレイに洗い流したら、ローションパックでへそ周りに水分をしっかり浸透させます。黒ずみが酷い場合にはビタミンC誘導体を含む化粧水が効果的ですから、コットンを水でよく塗らしたらローションを含ませて黒ずみのあるへそ周りに乗せてパックします。

コットンが乾かない内に外したらニベアをしっかりと塗り込み蓋をすれば乾燥から肌を守る事はできます。

ただニベアは油分が多いですから、顔のクレンジングついでにへそ周りもクレンジングする事を忘れずにやりましょう。この手順で肌に合えばニベアで黒ずみを改善できますが、全ての人にこの方法が効くとは言えませんし、このように手間をかけるなら黒ずみ専用のクリームでのケアをしっかりとした方が間違いなくへそ周りの黒ずみを改善できます。

ニベアには保湿の持続性があるのか?試してみました

ニベアが美白効果があり黒ずみに良いと言われたのは「ためしてガッテン」で紹介されたからです。特にニベアではないのですが、保湿クリームを洗顔後に塗ると保湿力が高くなると紹介されたからでしょう。

ただこの保湿クリームを選ぶ時には、保湿成分が含まれている事が重要です。ニベアは膜を張るけれど保湿成分は含まれていません。なぜなら主成分はミネラルオイルやワセリン等の油分だからです。

クレーム ドゥラメールというマドンナも愛用のクレームとニベア成分がよく似ていることからニベアを黒ずみ対策の美白クレームとして使う人が増えているわけです。

まずニベアには青缶とソフトタイプがありますが、成分に変わりはありません。テクスチャが硬いかやわらかいかぐらいで、どっちもどっちです。

先ず、へそ周りを丁寧に洗ってタオルで拭き取りニベアをくるくると回すように塗ります。塗った時は確かにしっとりして保湿されているような感じがあります。

ただ油分が多いのでテカテカしたのは気になります。保湿力を高める為にお腹は腹巻きでカバー。外気に触れたり下着でしめつけないようにして翌朝のへそ周りがどう変化したか確認しました。

あの油分はどこに?

通常は顔にも保湿をして眠りますから、翌日も顔を洗うまではもっちり感は持続します。ボディクリームを塗った体も翌日に乾燥していることはないのですが、ニベアに関していえば翌日にはとくに潤いが残っている感じもまく、反対にカサカサした肌になっていました。

そもそも手荒れなどの予防目的のクリームですから、保湿成分もあるわけでもなく表面的な改善しか感じられません。むしろ体には塗らない方が良いのではないかと思ったくらいです。

私は特に乾燥肌なので、油分だけを塗りこんでも意味がないのですが。使った感じからも、ニベアでへそ周りを保湿して黒ずみケアができるとは思えません。

へそ周りには黒ずみ専用のクリームでケアをしましょう


へそ周りの黒ずみは、へその穴に溜まってしまった汚れが沈着し広がってしまったりお腹の乾燥によって起きるものです。またへそ周りを締め付けるローライズのパンツで圧迫を受けてしまうと、それが肌の奥に留まり掃除をした後にも黒ずみが残ってしまいます。このような頑固な黒ずみは、ニベアではなく美白効果のあるクリームでケアをしてください。

へそ周りの黒ずみは、へそのごまをキレイに掃除しても薄っすらと残ってしまいます。表面上の垢を落しても、いままで積み重なった角質が残っている以上は改善されないのです。

それを解決するには、ソフトなクレンジングクリームで古い角質をしっかり落とし美容成分をたっぷりと与えることが大切です。へそ周りは、デリケートな場所ですから優しく垢を落せるクリームが適しています。

クレンジングバームは、クレンジングしながら肌に美容成分を与え黒ずみを肌の奥からじっくりと改善してくれます。へそ周りの掃除で無理にゴマや垢を剥がすよりも優しくクレンジングしながら自然に黒ずみを薄くしていったほうが安全です。

ニベアのように油分で誤魔化すのではなく、肌が本当に必要としている保湿成分をマッサージしながら浸透させることができるクレンジングバームの方が安全で効果的なのです。

へそ周りだけをクレンジングするだけでなく、全身もいっきに洗えて黒ずみを少しでも改善したいのであればジャムウ・ハーバルソープの併用もおすすめします。

毎日クレンジングするとお腹周りに刺激を与えるかもしれないと不安な人も、スペシャルケアでクレンジングバームをジャムウ・ハーバルソープは日常的な入浴で黒ずみを増やさない為のケアとしてつかってみてください。

へそ周りの黒ずみ解消クリームのおすすめは?

2017.02.21