黒ずみに効果アリと話題のグリセリンカリ液の実態調査

グリセリンカリ液

グリセリンカリ液が黒ずみに効果があるって知っていましたか?

お肌の黒ずみってとっても気になりますよね。顔に出来るシミやくすみだけではなく、膝や脇やデリケートゾーンなど、誰しもコンプレックスになっている黒ずみがあるのではないでしょうか。

実はそんな気になる肌の黒ずみに、グリセリンカリ液が効果があり黒ずみを改善する力があると巷で噂になっています。

そんな噂の真相を確かめるべく、肌の黒ずみとグリセリンカリ液について詳しく見ていきましょう。

グリセリンカリ液って一体何?黒ずみに効果があるということで調べてみました

グリセリンカリ液が黒ずみに効果があるという噂を検証する前にグリセリンカリ液とは何かを紹介します。

グリセリンカリ液は大まかにいうとグリセリンと水酸化カリウムという2つの成分を配合した液体です。

グリセリンは高い水溶性をもっており更に保湿力ももっている成分です。
水酸化カリウムは石鹸などの主要成分としてもよく使われているアルカリ性の成分で、皮膚表面を柔らかくする効果があります。

この2つの成分が配合されているグリセリンカリ液は主に

  • あかぎれ・ひび割れ
  • 保湿
  • タコ

などに使用されることが多いです。

コットンにつける

オススメの使用方法は、ボトルから直接手に出して使うよりも、グリセリンカリ液を1度綿棒やコットンにだしてから気になる部分に塗る方法です。

グリセリンカリ液に含まれる成分が皮膚に浸透していき、古くなった角質を柔らかくしていきます。ある程度浸透してきたら、OKです。

その後はシャワーなどで洗い流しすことで、古くなった角質が落ちていきます。

次にグリセリンカリ液がどのようにして黒ずみに効果があるのかを見ていきましょう。

グリセリンカリ液は脇・デリケートゾーン・肘・膝・お尻どこの黒ずみにも効く?効かない?

それではグリセリンカリ液が黒ずみに効くという噂について検証していきましょう。
グリセリンカリ液には、グリセリンと水酸化カリウムが配合されているため硬化した肌を軟らかくする効果を持っているということがここまでで分かってもらえたと思います。

ここではグリセリンカリ液が黒ずみにどのように影響してくるのか?
また、グリセリンカリ液が黒ずみにどのように改善するのかを見ていきましょう。

グリセリンカリ液で黒ずみ改善に効果があるのは『角質肥厚』!

肌の黒ずみになる原因で、角質肥厚があります。

角質肥厚とは、肌の防衛反応の一種で、古い角質が剥がれずに皮膚が厚くなることをいいます。

主な原因としてあげられるのは、

  • 空気が乾燥している
  • 多量の紫外線を浴びる
  • 摩擦などの刺激を受ける
  • 長い間ストレスを受けている
  • 生活のリズムが不規則
  • 食生活が乱れている

などが原因に挙げられます。

これらの原因がきっかけとなって、肌の水分を保つ防衛反応により、古い角質が剥がれずに皮膚に残り、皮膚が厚くなって、肌の水分を保つために皮膚が厚くなるのです。

こうして暑くなった皮膚は古い角質でできているため、変色を起越しやすく、暑くなった皮膚の表面に黒ずみを作ってしまいます。

角質肥厚

この角質肥厚タイプの黒ずみのように皮膚が乾燥して硬くなって黒ずんでいると感じた場合には、グリセリンカリ液が効果を発揮する場合があります。

グリセリンカリ液の角質を柔らかくする作用と肌の保湿効果によって、角質肥厚が改善する可能性が高くなるからです。

なので、皮膚が厚くなっているところに黒ずみが出来ている場合は、グリセリンカリ液を使用してみることをオススメします。

このようにグリセリンカリ液は黒ずみに効果がありそうですが、黒ずみの原因は角質肥厚だけではありません。そのため、すべての黒ずみに効果があるとは言えないのです。

次はどのような黒ずみには効果が薄いのかを見ていきましょう。

角質肥厚が原因の黒ずみ以外ではグリセリンカリ液で効果は望めない?

黒ずみの原因は角質肥厚だけでありません。

刺激による黒ずみができる摩擦黒皮症やアトピーなどの炎症による黒ずみができるアトピー性皮膚炎などさまざまな原因で起こります。

例えば膝の黒ずみの場合であれば

  • 刺激によるメラニン色素の沈着
  • 乾燥や刺激による角質肥厚を起こし肌の硬化

などが黒ずみの原因となります。

膝にグリセリンカリ液を使用すると、角質の硬化は改善する事はできます。

しかし沈着したメラニン色素を除去したり破壊したりする力はグリセリンカリ液にはありません。そのため、膝に使用しても完全には黒ずみを改善することは難しいでしょう。

これは同じ原因で黒ずんでいる肘や尻にも同じ事がいえます。
毛穴に汚れが溜まってメラニン色素が色素沈着を起こしていることによって肌が黒ずんでいる

  • デリケートゾーン

の場合は一切黒ずみ改善の効果はないと言えます。

グリセリンカリ液は角質肥厚のような黒ずみには効果があります。
しかし、他の原因となる黒ずみの改善には思ったほどの効果は期待できないでしょう。

黒ずみ改善にグリセリンカリ液を使用する際に注意するべきこと

更にグリセリンカリ液を使う際は、注意しなければなりません。

水酸化カリウムは肌を軟化させる効果がありますが、それはアルカリ性を利用して肌を溶かしているといえます。

そのため、顔や脇やデリケートゾーンなど、肌が薄かったり粘液の近くやデリケートな場所に使用するのは、やめておいた方がいいと言えます。

グリセリンカリ液を使うのは肘や膝に黒ずみ改善のために気休めのために使用するか、かかとやくるぶしなどの角質肥厚のために使用するのをおすすめします。

そして焦って毎日のように行うのは肌への負担となるのでやめましょう。

1週間に1度か2度程度で留めておき、皮膚に異常が出たら、直ちに使用を中止しましょう。

また、肌の状態が改善されてきたら、1ヶ月に1度程度で十分です。

グリセリンカリ液は、角質肥厚など肌の硬化を改善させる効果は持っていますがメラニン色素に効果はないです。そのため、肌の黒ずみにグリセリンカリ液を使って改善させるのは難しいと言えるでしょう。

グリセリンカリ液は角質肥厚のような古い角質が厚くなるところにできる黒ずみに効果が期待できそうですが、その他の原因や使う場所によっておすすめできないので、その場合は別の方法を感がておく必要があります。

次はグリセリンカリ液で改善が難しい場合にお勧めする黒ずみ改善方法を紹介します。

必見!肌の黒ずみに効果があるオススメの改善方法!

肌の黒ずみに悩んでいる人は多いので、改善方法はいくつかあるので紹介していきます。

皮膚科でする黒ずみ改善治療ってどんなことをするの?

まずは、皮膚科での黒ずみの改善方法です。皮膚科での改善方法とはもちろん黒ずみを治療していくことです。こちらではどのような治療方法があるのかを紹介していきます。

ケミカルピーリング

ピーリング

特殊な薬剤を肌にぬり色素が沈着している角質を除去する治療方法です。

メラニン色素を直接破壊する効果はありませんが、肌の新陳代謝といえるターンオーバーを促進させる効果があるので黒ずみの根本的な解決へと繋がるといえます。

1回1万円程かかり2回から3回程度行わなければ効果は実感出来ないので、予算はその程度考えておきましょう。

レーザー治療

レーザー治療

レーザーというと、強力で肌への負担がかかり怖そうなイメージを持っている人も多いと思いますが実際のところ肌への負担はほとんどなく最も即効性のある治療だと言えます。

場所にもよりますが保険適用外の場合が多く
1回1万~3万で最低5回は施術を行わなければ効果は感じられません。

なので、10万円程度は予算を考えておいた方が良いでしょう。

内服薬

内服薬

肌のターンオーバーを促してくれる内服薬を処方してくれる皮膚科もあります。
ピンポイントの効果は望めないので他のケア用品との併用で使用するのをおすすめします。
値段は1回2000円程度と考えておきましょう。

皮膚科の場合は、レーザー治療とケミカルピーリングを行っている病院は限られています。
1度で良くなる訳では無いので、手軽に通える場所に行ってもらいたい施術がなかった場合は通うのに手間がかかります。

なので、交通費と施術の予算と時間に余裕がある場合は皮膚科での治療をおすすめします。

皮膚科の治療のデメリットは時間とお金がかかること

皮膚科で黒ずみの治療を行うメリットとしては、専門の知識をもったドクターが一人ひとりにあった治療方法を選択肢てくれることです。

これにより、今まで改善できなかった黒ずみが改善したり、黒ずみで悩んでいたことを担当医師に相談することで今後の治療計画を明確にすることができます。

また、黒ずみの原因を予防する方法も教えてくれるので、皮膚科で治療することは何かとメリットが多です。

しかし、デメリットもあります。それが、時間とお金がかかることです。

皮膚科で治療するためには病院に通う必要があります。
時間に余裕がある専業主婦の方なら皮膚科に通うことができますが、仕事をフルタイムでしている人にとって皮膚科に通う時間を確保するのには難しいでしょう。

また皮膚の治療は長い期間をかけて治療していくことが多いため、治療費も積み重ねっていくと経済的な負担となってきます。

そのため、皮膚科を利用して黒ずみを改善していくには、時間とお金の余裕が無いと難しいといえるでしょう。

時間もお金もかけずに手軽に黒ずみを改善したいなら、黒ずみ専用の美白クリームがおすすめ!

通販で購入することができる黒ずみ専用の美白クリームというものがあります。
自分で自宅で手軽にケアを行うことが出来ることが利点で1本購入するのに1万円以内で済むものが殆どです。

そして、部位別の専用クリームが販売されていたり、肌への負担が無いものが多く無添加のものがほとんどです。

それどころか美白成分だけではなく美容成分も配合されているものが多いのでぬるだけで黒ずみ改善だけでなく肌のハリやキメが向上させてくれます。

そして、黒ずみの大敵である乾燥も防いでくれる保湿成分が配合されているので肌の黒ずみを改善させるだけではなく予防してくれる効果ももっています。

コストパフォーマンスもよく、安全性が高く肌の正常化や保湿力を持っているものが多いので黒ずみの改善方法には、まず黒ずみ専用の美白クリームをオススメしたいです。

透肌生活
商品名 透肌生活
商品説明 ハイドロキノンを4%配合したポイント集中ブライトングケア用のクリームです。ハイドロキノンをナノカプセル化した事により、肌の奥深くまで高濃度でのアプローチを実現しました。使い続けることで明るく透明感のある肌に導きます。
用量 5g
美白有効成分 水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ハイドロキノン、メドウフォーム油、DPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ペンチレングリコール、水添ヤシ油、アラキジルアルコール、グリセリン、ジメチコン、シア脂、ミツロウ、ベヘニルアルコール、水添パーム核油、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、アラキルグルコシド、水添パーム油、クエン酸Na、ラウリルカルバミン酸イヌリン、アスコルビン酸、酢酸トコフェロール、キサンタンガム、EDTA-3Na、ビタミンA油、ブドウつるエキス、アスタキサンチン、トコフェロール、エタノール、リン脂質、プロピルパラベン、メチルパラベン、ピロ亜硫酸Na
価格 通常価格5400(税込)→定期コース2,160円(税込)60%OFF
特典 送料無料・定期コース60%OFF・プレスピュアVCミニセット

プラスナノHQ(透肌美活)に配合されているハイドロキノンについてさらに詳しく知りたい方は、「肌の色素沈着を徹底解説!市販薬の効果とハイドロキノンクリームとは!?」をご覧ください。

まとめ

ここまで、黒ずみとグリセリンカリ液について詳しく見てきました。

グリセリンカリ液は黒ずみ改善に効果があるのかという噂でしたが、すべての黒ずみに改善効果はありませんでした。
むしろ使用方法に気をつけねば逆に肌の状態が悪化してしまうということが分かりました。

グリセリンカリ液も角質肥厚が原因の黒ずみには効果があるみたいですが、黒ずみをしっかりと改善していたいなら、グリセリンカリ液で黒ずみを改善するのは最善の方法ではないでしょう。

黒ずみは時間が経過すればするほど、消えにくく改善しにくくなるので、なるべく早めに対策していくべきです。

普段の生活の中で時間とお金に余裕がなければ、黒ずみ専用の美白クリームを使うことが黒ずみを改善する1番の近道だと思います。

早め早めの対策を心がけて黒ずみのない綺麗なお肌を手に入れましょう。