黒ずみとコラーゲンの関係を徹底分析!コラーゲンが不足すると黒ずみも悪化する?

コラーゲン

あなたは、コラーゲンが不足すると
お肌の黒ずみが悪化することをご存知でしょうか?

お肌の弾力とハリを作っている物質であり、
肌を語るにあたり非常に重要な役割を担っています。

肌にコラーゲンが不足するとお肌に弾力やハリがなくなるだけではなく、
老化の原因になることや肌のターンオーバーが正常に働かなかったり、
体調不良を引き起こす原因にもなります。

さらに注目すべき点は肌にできた黒ずみが
コラーゲン不足の状態でいると悪化する可能性が強い点があげられます。

私たちの体のあらゆる部分で存在するコラーゲンですが、
お肌にとっては非常に重要な役割があるのです。

今回は黒ずみとも関係性の強いコラーゲンについて、
わかりやすく解説していきたいと思います。

コラーゲン不足を解消して、
黒ずみのない綺麗なお肌を手に入れましょう。

コラーゲンはお肌にとってどのような役割があるか?

コラーゲンとは、タンパク質の一種であり、
その構造は線維状構造で構成されます。

コラーゲンはお肌を構成する一部でもありますが、
人の体のいたるところで使われています。

皮膚はもちろん、筋肉や骨、内臓や靭帯など体を
構成する様々な箇所でコラーゲンは使われています。

コラーゲン線維のことを膠原(こうげん)線維ともいいます。

コラーゲンが不足するとお肌にどんな影響を与えるのか?

肌のコラーゲンは主に真皮にあります。
真皮の約70%はコラーゲンでできていて、
ゴムのような弾力を持った線維です。

肌は押したり引っ張ったりしても元に戻ると思います。
これはコラーゲンの線維が多少の伸び縮みをするためにもとにもどるのです。

しかし、加齢や紫外線の影響を受けやすく、
コラーゲンが劣化してしまうと弾力は失われ、肌がもとに戻らなくなります。
これがシワやたるみの原因になっています。

コラーゲンは線維であって、生きた細胞ではありません。
つまり、他の細胞と違ってコラーゲンが死滅することはないのです。

けれど、加齢や紫外線などによって劣化したコラーゲンは
シワやたるみの原因になるので、新しく生まれ変わってほしいもの。
表皮細胞のようにターンオーバーによって新しいコラーゲンを
どんどん生み出してほしいのですが、
コラーゲンはターンオーバーをしません。

真皮にあるコラーゲンが劣化すると肌がもとに戻らない!

コラーゲンは線維芽細胞から新しく作られます。

線維芽細胞は、「ヒドロキシプロリン」「ヒドロキシリシン」の
アミノ酸を構成してコラーゲンを作り出します。
ちなみに、人体を構成している20種類のアミノ酸に
コラーゲンが構成されているアミノ酸は含まれていません。
この違いが、コラーゲンと他のタンパク質との大きな違いでしょう。

古くなったものは、
酵素によって、徐々に分解されアミノ酸に分解され再利用されます。

古くなったコラーゲンは非常にゆっくりと新陳代謝しているのですが、
真皮のコラーゲンが全て代謝し終わるまでには、
約2年以上かかると言われています。
最近の研究結果では、6年もかかるとも言われています。
そのため、一度コラーゲンが劣化してしまうと、
劣化したコラーゲンが長いこと皮膚に存在することになります。

悲しことに40代までは、新しいコラーゲンもつくられますが、
50代になると新しいコラーゲンは殆ど作られません。
つまり、自然に体内でコラーゲンを作り続けるのは物理的に不可能なのです。

コラーゲンと黒ずみの関係は?コラーゲン不足による黒ずみの悪化について

それでは、コラーゲンと黒ずみの関係をご説明しています。

コラーゲンは真皮にある膠原(こうげん)線維とご紹介しました。
肌に弾力を与え、真皮の細胞を刺激から守っています。

真皮細胞に弾力を与えていますが、
コラーゲン線維とコラーゲン線維の隙間に
セラミドなどの保湿成分を保持する役割があるため、
肌の乾燥防止にも役立ちます。
また紫外線からは細胞を守る傘の役割もあります。

このコラーゲンが劣化してしまうと、
上手く保湿成分を保持することもできず、
紫外線から細胞を守るのこともできません。

この状態になると、表皮の角質層が厚くなって、
黒ずんだ肌になりますし、
乾燥や紫外線から肌の細胞を守るためにメラノサイトが
たくさんのメラニン色素を作り出し肌を守ろうします。

コラーゲンが劣化していると保湿力も落ちますので、
肌のターンオーバーも弱くなるため、
色素沈着が起こりやすく肌が黒ずみを作ってしまいます。

このようにコラーゲンが劣化してしまうと、
肌に黒ずみを作る原因になってしまいます。

黒ずみ解消にはコラーゲン補充が重要!自宅でも簡単にできるコラーゲン補充方法

コラーゲンが劣化してしまうことは避けられません。
加齢により劣化の影響を強く受ける細胞なので、
何も対策をしていないと、コラーゲンは本来の役割を担うことができません。

そこで重要なのが、コラーゲンを内や外から補充することが重要になります。
次はコラーゲンを補充するための3つの方法をご案内します。

コラーゲンを多く含む食事を心がける

コラーゲンは、牛、豚、鳥などの肉類、魚、貝、イカ、タコなどの魚介類などに
多く含まれており身近な食材からでもコラーゲンは摂取できます。

普段からこれらの食材を食べている人はたくさんいると思います。
では、コラーゲンをより摂取するためには、コラーゲンを多く含む食材の量を増やせばいいのか?
と思うかもしれませんが、そうではありません。

特に肉類は、良質なコラーゲンを摂取できますが、
脂質も多く、またカロリーも高いため、多量に摂取すると肥満の原因になりますし、
血液が酸化して血がドロドロした状態になりやすい
ため、
大量に摂取することはおすすめできません。

ここでのポイントは、毎日の食事からコラーゲンを効率よく方法を覚えることです。

次に日々の食事でコラーゲンを効率よく摂取する方法をご紹介します。

ビタミンCを多く含む食材とセットにする

ビタミンCは、体内の抗酸化作用の成分としても有名ですが、コラーゲンと同時に消化すると吸収率が格段にあがりますり

実は食事から摂取したコラーゲンはコラーゲンのまま吸収されているわけではなく、
一度アミノ酸にまで分解され、体の中で再構築します。
そのため、分解させたアミノ酸が効率よく腸から吸収されるためにはビタミンCをセットにすることで、
効率よく吸収することができるのです。

また体内でコラーゲンを作り出すときにもビタミンCの役割は重要で、
コラーゲンを安定させる効果があります。
せっかく作り出したコラーゲンも不安定な状態だとすぐに劣化してしまいますので、
ビタミンCを多く含む食材をセットにして摂取しましょう。

ビタミンCを多く含む食材としては以下の食材が有名です。

野菜系 トマピー、赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、ケール、青ピーマン、にがうり、ブロッコリー、カリフラワー
果実系 アセロラ、柿、キウイフルーツ、あけび(果肉)、いちご、パパイア、はっさく、バレンシアオレンジ、グレープフルーツ、ドリアン

また、ビタミンCを効率よく摂取するためのポイントとしては、
長時間火を通さないことです。

ビタミンCは熱に弱く、数分火を通すだけで、
多くのビタミンCは壊れてしまいます。

効率的にビタミンCを吸収するためには火を通さずに摂取することがおすすめです。

しかし、キャベツやブロッコリーなどは、ビタミンCが豊富なので、
積極的に摂取していきたいですが、
火を通さない状態では食べにくい食材です。

これらの食材は火を通さないと食べにくいので、
お湯に軽く潜らせるくらいに留めて食べると良いでしょう。
ポイントとしては長時間火を入れないことです。

必須アミノ酸のトリプトファンを多く含む食材とセットにする

あなたは、「トリプトファン」という必須アミノ酸をご存知でしょうか?
トリプトファンは必須アミノ酸に分類される私たちの体を構成するのに必ず必要な成分の一つです。

必須アミノ酸は体の中で作り出すことができないため、食事から摂取するしかありません。
トリプトファンは必須アミノ酸なので食事から摂取する必要があります。

コラーゲンは吸収されたアミノ酸を体内でコラーゲンを再構築しますが、
このトリプトファンが不足していると十分なコラーゲンが十分に作られないのです。

コラーゲンは必須アミノ酸のうち、「トリプトファン」が含まれていないのです。
コラーゲンを作り出すためにはトリプトファンという材料も一緒に摂取すると効率がよいのです。
トリプトファンは動物性タンパク質にも含まれていますが、
穀類(こはん、パン、麺)、乳製品などにも含まれていますので、
穀物・乳製品などからトリプトファンを摂取した方が良いでしょう。

特に穀物のごはんは玄米などにするとビタミン類も摂取できますのでさらに効果的です。

1日に必要なコラーゲンは、約4,000mg~9,000mgと言われています。
しかし、私たち日本人の平均摂取量は約2,000mgと必要摂取量に達していません。

日々の食事でコラーゲンを摂取することは非常に大切ですが、
食事だけでは足りないコラーゲンはサプリメントを利用して、
不足分のコラーゲンを補充すると良いでしょう。

コラーゲン配合のサプリメントを服用する

私たちの毎日の食事でコラーゲンを約4,000mg~9,000mg摂取するのは
非常に難しいでしょう。

食べる量を増やしすぎるとカロリーが増えすぎるで、
肥満の原因になります。

コラーゲンを効率的に摂取するのは大切ですが、
それでも足りないコラーゲンはサプリメントを利用すると良いでしょう。

サプリメントは必要な栄養素を補うのにとても有効ですし、
足りない部分を補うだけならサプリメントから摂取した方が安く済みます。

しかし、コラーゲン配合のサプリメントを取ればOKかというとそうではありません。

コラーゲンはコラーゲンで吸収されるわけでなく、一度アミノ酸に分解されてから腸で吸収せれます。
そのため、コラーゲンの純度が重要になってきます。
純度の低いコラーゲンサプリを摂取しても腸で消化・分解されてもコラーゲンをつくるのに必要なアミノ酸が摂取できません。
コラーゲンの純度が高ければ高いほど腸で消化・分解されたときに十分なアミノ酸を作ることができます。

つまり、コラーゲン純度が高く、高品質のコラーゲンサプリメントを摂取することが必要になります。
コラーゲン純度の高いサプリと言えば、宝仙堂の【すっぽんコラーゲン】 はおすすめです。
宝仙堂の【すっぽんコラーゲン】は、コラーゲンの塊と言われているスッポンから作られているます。

スッポンの甲羅の縁にある部分をエンペラと呼ばれています。
このエンペラにはコラーゲンが凝縮しているのですが、
甲羅を作っている成分なのでコラーゲン抽出が非常に難しく希少部分なので
なかなか十分なコラーゲンを抽出できる技術がありませんでした。

しかし、宝仙堂の【すっぽんコラーゲン】では長年の研究からすっぽんのエンペラから十分なコラーゲンを抽出することに成功し高品質でお手軽価格で販売することに成功しています。
口コミ評価も高くコラーゲンを本格的に摂取した方にオススメです。

宝仙堂の【すっぽんコラーゲン】について詳しく知りた方は「公式サイト」をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
コラーゲンは私たちの体の中で多く存在する細胞の一つです。
コラーゲンが不足することは老化に拍車がかかりますし、
肌の保湿と弾力が失っていきます。

保湿と弾力を失った肌は黒ずみになりやすい肌体質になっており、
何も対策をしないと黒ずみはますます悪化しています。

この先もハリのある白い肌でいられるように
今からコラーゲン対策をしていきましょう。