これが知りたかった!お肌の黒ずみができる原因特集【2017年最新版】

黒ずみ原因

「どうしてお肌にできる黒ずみができるの?」「黒ずみができる原因って何だろう?」「黒ずみの原因って決まっているの?」と黒ずみを考えた事はありませんか?

黒ずみは気づかぬうちに突然できていたりします。
例えば、「朝、顔を洗っていると小鼻にブツブツした黒ずみを発見した!」「脇のムダ毛チェックをしているときに10円玉くらいの大きな黒ずみを見つけた!」「友達や彼氏から肘や膝が黒ずんでいると言われた!」など、ふとしたときに黒ずみを見つけたりします。

数日前にはなかったお肌の黒ずみ。ある日突然見つけたら動揺しますよね?
黒ずみは早めに治したいもの。
急いで黒ずみをなくしたくて、

  • 肌が黒くなっているので何かの炎症だと思って、オロナインのような軟膏を塗ってみたけど効果がなかった。
  • 肌トラブルと言えばニベアの青缶と思い、塗ってみたけど全く効果がなかった。
  • ドラックストアで売られている市販薬で対策してみたけど、なかなか改善されなくてイライラした。
など、黒ずみを治すために試行錯誤したけど、黒ずみを治すことはできない苦い思い出がある方もたくさんいらっしゃると思います。

お肌の黒ずみを治すためには、黒ずみができた原因を理解することが大切です。
黒ずみができる原因は千差万別。様々な要素が黒ずみを作る原因になります。

なので、今回は黒ずみができる原因について詳しく紹介していきます。
黒ずみができる原因をしっかり理解して黒ずみに対する正しい対処方法を行いましょう。

黒ずみの正しい治し方について詳しく知りたい方は「自宅で簡単に消せる!しつこい脇の黒ずみを消すお手軽な5つの方法」もご覧ください。

この記事の目次はこちらです♪

黒ずみの原因を理解するためにお肌の仕組みを知ろう

黒ずみの原因を知る前に、まずはお肌の仕組みや構造についてご説明します。

お肌は表皮、真皮、皮下組織の3つの肌細胞で構成されています。

この表皮、真皮、皮下組織に何らかの影響が加わると黒ずみが生まれます。

表皮、真皮、皮下組織にはそれぞれの役割がありますので、一つずつ解説していきす。

大切なお肌をバリアして肌の乾燥や摩擦を守る『表皮』

表皮はお肌の1番外側にある細胞で、外側から「角質層(かくしつそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」の4層から構成されています。

表皮の厚さはなんと0.2mm!
非常に薄い膜のような細胞であり、主に外からの刺激を防いだり、バイ菌や雑菌などの侵入を防いでいます。
言わば表皮はお肌を守るバリアの役割をしています。
また、表皮はよくラップに例えられます。
これは、ラップの厚さと役割が表皮とよく似ているためです。

ラップの厚さも非常に薄く、ラップで食材を覆うことで、空気中のホコリや雑菌から食材を守っています。

例えば、ラップをせずに食材を放置していると、食材は乾燥し傷みやすくなりますよね。

肌も表皮で覆っていなければ、洋服を着るだけで激痛が走りますし、バイ菌や雑菌が簡単に体内に侵入させてしまいます。

表皮は外敵から私たちの体を常に守ってくれています。

さらに表皮には保湿機能があり、乾燥から肌を守る役割もしています。

このように表皮は外敵から刺激やバイ菌の侵入を防ぐことや肌が乾燥しないように保湿する役割を担う大切な細胞です。
この薄い膜がなければ、私たちは日常生活をまともに送れないことは間違いありません。

また、表皮は美白成分が浸透すると透明感ある肌に生まれ変わります。
この表皮に上手く美白成分を浸透させれるかで、透明感ある肌になる大きなポイントになります。

お肌にハリと弾力を与え、若々しさを作り出す『真皮』

真皮とは、皮膚の本体ともいえる部分で、お肌にハリや弾力を与える肌細胞です。
この真皮は、エラスチン、コラーゲンなどの線維が網状構造で構成せれ、線維と繊維のスキマにヒアルロン酸を主成分とする高分子系保水成分で満たられています。
例えるなら、真皮は水分を貯蔵し蓄えることのできる弾力のあるスポンジのような構造をしています。

真皮は肌のハリや弾力を作り出す重要な細胞です。
けれど、真皮は老化の影響を受けやすい肌細胞でもあります。

年齢とともに、真皮はハリと弾力を失いやすく、年齢の影響を非常に受けやすいため、日頃のケアが非常に重要です。

特に肌の乾燥が強い人は真皮の老化が著しくなるため、注意が必要です。

衝撃や刺激から体を守る『皮下組織』

皮下組織の構成は主に皮下脂肪でできています。
皮下脂肪は外的からの衝撃や刺激に対してクッションの役割をしており、体の細胞を外部から守る役割があります。

皮下脂肪は、熱を伝えにくい性質があり、保温の役割も担っています。
皮下組織の厚さは約10ミリ程度で、大部分が皮下脂肪で構成されているため、贅肉と見なされ、無駄な細胞であると思われがちです。

しかしながら、皮下組織には外からの刺激や衝撃を受け止めクッションの役割があり、さらに体の熱を外に放出しないように保温する役割もあります。

皮下組織がなければ、表皮はすぐに破れてしまいますし、真皮も衝撃に耐えれず、細胞が壊れてしまいます。
体内の温度も保つ役割で冬の寒い環境下でも体温を維持することができます。

以上がお肌を構成する主な肌細胞です。
これら表皮、真皮、皮下組織に何らかの外的な原因が加わることで黒ずみが発生します。
では、どのような原因が黒ずみを作ることに繋がるのか?
詳しく見ていきましょう。

黒ずみができる原因は主に4つのパターンに分けられる

お肌に黒ずみができる原因は主に4のパターンに分けられます。

  • 刺激が原因の黒ずみパターン
  • 紫外線が原因の黒ずみパターン
  • 肌の乾燥が原因の黒ずみのパターン
  • 汚れが原因の黒ずみパターン

これらの4つパターンが黒ずみを作る主な原因になります。
「えっ?意外と少ないんだ。」と思う方も多いと思います。
しかし、黒ずみになる主な原因はこの4つパターンに当てハマります。

4つのパターンから黒ずみがどのようにつくられるのか?
その原因について詳しくご説明していきます。
もしも、自分に当てはまる原因を見つけたら、その原因をしっかり理解し、予防・改善対策をしていきましょう。

黒ずみの原因パターン1 刺激が原因の黒ずみ

まず最初に紹介する黒ずみの原因パターンは刺激が原因の黒ずみです。
刺激?と言われてもイマイチピンと来ない方も多いでしょう。

刺激とは、肌に何らかの力が加わることを言います。
ここで言う刺激は主に摩擦による刺激です。

簡単な言葉に言い直すと、摩擦とは「お肌を擦る」ことになります。

例えば、お風呂上がり。
体に残っている水滴をタオルで擦って拭き取ったりしていませんか?
このような肌を擦る行為は、肌に刺激を与えている行為に相当します。

では、実際にどのような刺激があるのか?
刺激の種類についてご案内します。

タイト(きつめ)なパンツや下着を付けていると黒ずみの原因になる

タイト(きつめ)なパンツや締め付けるような下着をつけて一日生活していると、肌が擦れた痛みを感じた経験はありませんか?

自宅で衣服を脱ぐとくっきりと締め付けられた痕や擦れて皮膚が赤くなったりしています。
ひどい時には血が滲むこともあります。

締め付けがきついものは、それだけで肌に刺激を与えています。

その状態で日常生活を送るとなると、肌と肌が擦れるだけでなく、肌と衣服が擦れあったりもするため、肌にかかる刺激はさらに強まります。

この状態が長く続くと、擦れた部分や締め付けられた部分が炎症し、皮膚が赤くなります。
この炎症を長く続けていると、お肌に黒ずみがつくられる原因となります。

締め付けが強い服装はなるべく控える

摩擦の刺激を持続的に受け続けると、表皮は肌細胞を守るために表皮自体が厚くなろうとします。
表皮は表皮自体を厚くすることで外敵からの刺激に対抗しています。
しかし、表皮が厚くなると、肌の透明感がなくなるだけではなく、肌が全体的に黒くみえるようになります。

例えば、机に肘をつく癖がある人は、肘をつかない人に比べて肘が黒ずんでいます。
これは机と肘の間に生まれる摩擦から肌を守ろうと表皮が厚くなるからです。

表皮が厚くなることは、肌のターンオーバーも正常に行われにくくなります。
これは表皮を厚さを厚くしておくために、ターンオーバー周期を遅くしているためです。

結果、ターンオーバー周期も遅くなり黒ずんでいる表皮がより一層黒くなっていきます。

表皮とは死んだ肌細胞の集まりです。
生きている細胞と違って、表皮は生まれ変わっていかないと透明感は益々失われ、時間が経過するほど肌は黒ずんでいきます。

なるべく衣服や下着は締め付けが少ないものを着用し、肌に摩擦を加えないようにしていきましょう。

ムダ毛処理が危険?間違った処理方法だと黒ずみを作る原因になる

あなたもムダ毛の処理はいつもしていますよね。
ムダ毛処理の頻度は人それぞれですが、一般的にムダ毛を処理しなければ、女性らしい白くスベスベしたお肌を維持することはできません。

特に脇やVIOラインは小まめにムダ毛処理をしないと女性の品格を下げるだけでなく、女性としての自信も失う原因にもなり得ます。

ムダ毛処理にもいろいろな方法があると思いますが、手軽で簡単な方法は、カミソリを使ってムダ毛を剃ることではないでしょうか?

カミソリはムダ毛処理をするのに非常に便利な道具です。
けれど、間違った使い方をすると黒ずみをつくる原因になることを知っておかなければなりません。

切れ味の悪いカミソリや剃り心地の悪いカミソリは黒ずみの原因になる

 
あなたはムダ毛の処理にどんなカミソリを使用していますか?
最近では、コンビニでも女性用のカミソリは販売されています。
昔はカミソリといえば、男性用がメインでしたが、美意識が高い女性が多くなり、カミソリの利用を利用する女性が非常に多くなりました。

カミソリにもいろいろと種類がありますが、100円ショップのカミソリを使用している方も中にはいらっしゃるかと思います。

カミソリが8〜10個入って100円(税別)。
一個あたり10円程です。

このカミソリは、他の主要メーカーから発売れているカミソリよりも非常に安価です。
デザインもカラフルであり、男性が使うものよりも可愛らしいカミソリになっていることから使用している人も多いと思います。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。
100円ショップのカミソリでは、切れ味がイマイチだったり肌にかかる刺激が非常に強いという問題があります。

切れ味がイマイチであることは、ムダ毛を剃るために必要以上に力が必要になります。
切れ味がよいカミソリならば、一度剃るだけで切れにムダ毛を処理できるのに、切れ味が悪いカミソリを使っていると、何度も剃らないとムダ毛をキレイに処理することができません。

ムダ毛を処理するために必要以上にカミソリの刃を当てて、ムダ毛を処理します。
その結果、表皮に必要以上の刺激が加わり、それにより、表皮が傷つくために、表皮は厚くなって肌を守ろうとします。
すると肌が黒ずんでいきます。

つまり、安いカミソリでムダ毛を処理をしていると肌に与える刺激から黒ずみを誘発していることになります。
このような状況にならないために、カミソリから受ける肌への刺激を軽減する方法を考える必要があります。

カミソリでムダ毛処理をすることは、肌に負担がかからないカミソリを使用することはもちろんですが、肌に優しいシェービングクリームを利用することもおすすめです。

自分の肌に馴染むシェービングクリームを利用すること

シェービングクリームはムダ毛自体に直接影響を与え、毛並みを柔らかくする効果と肌へ掛かる刺激を和らげる効果があります。
また殺菌消毒の効果もあるので、カミソリ負けをし易い方はシェービングクリームを利用した方がいいでしょう。

しかし、ここで注意が必要です。
シェービングクリーム自体にも刺激があるため、肌に合わないシェービングクリームを利用していると逆に黒ずみができる原因になります。

シェービングクリームは肌に優しい成分で作られていおり、通常であればシェービングクリームで肌に炎症を起こることはありません。
けれど、極稀にシェービングクリームが肌に合わず炎症を引き起こしてしまう場合があります。

この場合、シェービングクリームで炎症が起こしている肌にカミソリの刺激が加わるため、非常に危険な状況であることは、ご想像していただけると思います。

シェービングクリーム自体は、ムダ毛を柔らかくして剃りやすい状態を整えてくれるだけではなく、お肌自体も泡で守ってくれるとても便利なものです。

しかし、シェービングクリーム自体が黒ずみをつくる原因になっている可能性も忘れてはいけません。

なので、できれば一度パッチテストをしてあなたの肌に合っているからを確認するべきでしょう。

自分は大丈夫と思っても意外と気づいていないことも、必ずテストしてから使用しましょう。

ムダ毛処理は女性を女性らしい体に見せる大切な工程です。
しかし、間違った処理を長期間していると、肌に重大な黒ずみを作る原因にもなりますので注意しましょう。

セルフ脱毛は黒ずみを作る原因になる

ムダ毛の処理方法で切れ味の悪いカミソリを使用すると黒ずみができると紹介しました。

カミソリが肌へ与える刺激で、黒ずみができるとご説明しましたが、もう一つムダ毛処理で気をつけることがあります。

それが、自己流のセルフ脱毛です。

このセルフ脱毛はやり方を間違えると非常に危険であることを知っておくべきです。

最近では電動脱毛機器などが手頃な価格で販売されているため、ご自身で脱毛をされる方も増えてきました。
カミソリと違ってムダ毛を毛根から処理するため、次にムダ毛が生えてくる期間が延びるのでムダ毛処理が楽になります。
またカミソリと違って処理したあとの肌のスベスベ感がカミソリで処理するものより優れてるため、女性にとってセルフ脱毛は魅力的です。

ムダ毛処理はできれば回数を減らしたいもの。
けれど、セルフ脱毛はいくつかの注意点を守らなければ、黒ずみを作る原因になります。

自己脱毛で痛みを強く感じたなら、自己脱毛は中止にするべき

なぜセルフ脱毛が危険かというと、
セルフ脱毛は肌に与える刺激が非常に強いからです。

これは毛根の強されに左右されるのですが、
毛根の強さは人それぞれであり、強い人もいれば弱い人もいます。
毛根が強い人ほど脱毛時に掛かる痛みは強く、また脱毛しにくいです。

このような状態の方がセルフ脱毛をし続けると毛穴の奥から黒ずみができてします。
黒ずみは外部から刺激を受けると表皮が厚くなったり、黒ずみができてしまいます。

自己流の脱毛で痛みを強く感じるようであれば、脱毛は中止するべきでしょう。

脱毛を専門にしているクリニックでは、セルフ脱毛とは違い毛根に刺激を与えない工夫がされています。
そのため、セルフ脱毛に比べて黒ずみになる原因を作りにくくなっています。
けれど、専門クリニックで脱毛しても、技師の熟練度などにより黒ずみができたり、脱毛した箇所が炎症して皮膚がタダレたという症状があります。

脱毛はスベスベした女性らしいお肌をつくります。
けれど、一歩間違えると黒ずみできてしまう危険性があります。
セルフ脱毛の危険性を十分理解し、無理のないセルフ脱毛をしましょう。

黒ずみの原因パターン2 紫外線が原因の黒ずみ

次にご紹介する黒ずみの原因は紫外線が原因となる黒ずみです。
紫外線とは太陽の光に含まれる光の波長の一つで、肉眼では見ることができない「不可視光線」です。
紫外線の効能としては、殺菌消毒・ビタミンDの生成・血行促進・新陳代謝の促進・皮膚抵抗力の強化など紫外線は体に良い影響を与えてくれます。

しかし、紫外線は良いコトばかりではありません。
紫外線は長時間浴び続けると黒ずみを作る原因にもなり得る厄介な光なのです。
次に紫外線が原因となる黒ずみについて詳しくご紹介していきます。

太陽の光(紫外線)によってメラニン色素ができる

太陽の光がサンサンと降り注ぐ野外に日傘もなく長時間活動していると肌が真っ赤になったことはありませんか?

太陽の光に含まれる紫外線には、長期間浴び続けると肌細胞にダメージを与える効果があります。
特に影響を受けるのが、肌の真皮部分です。
肌の真皮部分に長時間紫外線を受け続けると、細胞のDNAが破壊され、変異して皮膚癌を引き起こしたりします。
またコラーゲンを破壊する効果もあり、真皮のハリと弾力が失われます。

そうならないために、肌細胞にはメラノサイトというメラニン色素を作る細胞があります。
メラニン色素は紫外線から肌を守る傘のような役割をしており、紫外線から肌を守っています。

ちなみにメラニン色素は、人種によってその色が異なり、黒人は濃いめの黒色(ユウメラニン)をし、白人は薄めの茶色の色(フェオメラニン)しています。
黄色人種に属する私達日本人はこの中間のような色でどちらの色(ユウメラニン・フェオメラニン)も持っています。

つまり、紫外線を浴び続けると肌を守るために、メラニン色素が大量に生成され、肌に蓄積し、黒ずみを作る原因になっています。

通常であれば、肌に蓄積したメラニン色素は肌のターンオーバーによってなくなります。
しかし、メラニン色素がターンオーバーでなくならず、長い間肌に留まってしまうことがあります。
これは、紫外線を日常的に浴び続けている人に多い現象で、メラニン色素が日常的に作られるため肌からメラニン色素がなくならないためです。

黒ずみができるパターン3 肌の乾燥が原因の黒ずみ

続いては、肌の乾燥が原因の黒ずみについて紹介していきます。
日頃から乾燥肌であることを自覚している人は肌の乾燥が原因で黒ずみになっている可能性があります。

ここでは、肌の乾燥によって黒ずみがどのように作られるか見ていきましょう。

お肌の乾燥で大量の皮脂が毛穴に詰まる

日頃からお肌が乾燥している人は肌に十分な保湿がありません。
肌の保湿が不十分な状態が続くと、肌の真皮の構造は同じだる
そうならないために人間の体は肌細胞を守るために皮脂を分泌して肌を乾燥から守ろうとする働きます。

なぜ、汗ではなく、皮脂かというと汗はすぐに蒸発して保湿の役割をしません。
また、過剰な汗は体から水分を減らすだけではなく、汗が蒸発することで肌がより乾燥してします。

汗よりも油に近い皮脂で肌をコーティングすることで保湿しています。
けれど、皮脂は純粋な油ではなく、様々なタンパク質を含んだものになり、皮脂は肌をコーティングすることができますが、肌を水々しい透明感ある肌にすることはできません。
どちらかと言うとギトギトな肌質になり透明感は失われます。

さらに悪い事にこの皮脂に含まれているタンパク質が毛穴の詰まり、毛穴に詰まった皮脂が雑菌などにより分解され腐敗したものが黒く変色していきます。
これがたまっていくことで毛穴の黒ずみが進行していきます。

肌が乾燥しているが皮脂があまり出ない方はさらに注意が必要

先程では、肌が日常的に乾燥している人は皮脂が大量に分泌されるため、毛穴に皮脂がつまり黒ずみができる原因となると紹介しました。
しかし、反対に肌が乾燥しているが、皮脂があまり分泌されない人もいます。

これは皮脂が分泌される皮脂腺の働きが弱くなっている人に見られる傾向であり、肌が乾燥しているのにも関わらず、皮脂があまり出ていない人がいます。

そうなると皮脂で肌を保湿することができず肌をコーティングすることができません。
この状態が続くと肌は別の方法で肌を守ろうとします。
それが、表皮を厚くする方法をとるようになります。

肌が乾燥すると肌はひび割れ、乾燥が酷くなると出血するようになります。
そうならないためには、肌自体を厚くすることで肌を強くするようします。

肌が厚くなる分、肌細胞は守られますしひび割れからの出血のリスクも下がります。
しかし、厚くなった表皮は黒ずんで見えますし、肌の保湿が治ったわけではないので、真皮に蓄えられている水分もますます失われていき、お肌の透明感とハリと弾力はどんどん失っていきます。

こうなってくると非常に危険で、黒ずみの悩みだけではなく、肌トラブルも発生して非常に辛い目に合うことになりかねません。

肌の乾燥は、黒ずみを作る原因だけではなく、女性らしい肌を維持するために必要な大切な要素であることを理解しましょう。

肌の乾燥は痒みを引き起こし黒ずみの原因になる

肌の乾燥は黒ずみをより作りやすくなります。
肌が乾燥すると皮脂が大量に出るため、毛穴につまりやすく黒ずみの原因となりますが、それ以外にも怖いのが、肌が乾燥すると痒くなることです。

痒みがあると人は、痒い場所を自分の手でかきたくなります。

痒い場所を爪を立てて肌をかきたくなる気持ちはとても良くわかります。
しかし、黒ずみになる原因は肌に刺激を与えることであることを忘れてはいけません。

刺激を受けたお肌は表皮が厚くなるだけではなく、メラニン色素による色素沈殿も起こります。
また長い期間乾燥していると真皮にも影響を与え、お肌にハリと弾力も失います。
そうなってくると、ますますお肌が黒ずんでいきます。

お肌が乾燥することを乾皮症という病気に分類することもでき、これは保険適用の治療を受けられる立派な病気です。
保湿クリームや保湿液を定期的に塗っても乾燥肌を解消できない場合は、専門の医師に見てもらうことをおすすめします。 

黒ずみができるパターン4 汚れが原因となる黒ずみ

汚れが原因となる黒ずみについてご紹介していきます。
汚れが原因となる黒ずみは主に毛穴に汚れがつまることで黒ずみができます。

毛穴にポツポツと小さな黒ずみができた経験がありませんか?
例えば、鼻の毛穴に黒ずみができるとイチゴ鼻と言われ、女性にとっては非常に恥ずかしい黒ずみです。

毛穴は全身にあるため、体のあらゆる場所で黒ずみができてしまうやっかいな黒ずみです。
そのためどうような原因によって毛穴に黒ずみができるのかを知っておく必要があります。

この毛穴の黒ずみはいくつかの種類に分けることができますので、順番に紹介していきます。

目に見えない小さな汚れが毛穴に詰まる

毛穴はお肌の中に小さな窪みがあります。
そのため、空気中のホコリや古い角質、ファンデーションの残りなどが毛穴につまります。
毛穴からは汗や皮脂が分泌されるためこれらが混ざりあった状態になります。

そのため毛穴の中はでは、雑菌が繁殖して腐敗したものが黒ずみとして現れます。
特に脇などは、密封空間にいるため、より腐敗した黒ずみができ、悪化するとワキガのニオイの元になりかねません。

また毛穴は表皮と違い窪みがあるため、普通に体を洗うだけでは毛穴の汚れを落とすことができず黒ずみを解消するのが難しいのです。
毎日のボディケアの積み重ねが必要な黒ずみの種類です。

過度な洗顔や体を洗う行為は危険

あなたは洗顔や体を洗う行為をどれくらいしていますか?
口周りや鼻に黒ずみができていたから、念入りに洗顔をしている。
脇やデリケートに黒ずみができたから、必要以上にゴシゴシ洗っている。
このような行為をしてる人は一刻も早く正しいケアを行う必要があります。

過度な洗顔はお肌の乾燥を招いてしまう

洗顔や体を洗うことは、石鹸のような界面活性剤を使います。
界面活性剤は、脂(油)も浮かせて洗い流す事ができるため、汚れ落としには非常に向いています。
しかし、毛穴に詰まった黒ずみになっている汚れも洗顔などをすることによって取り除くこともできます。

けれど、洗顔や体を洗う行為を必要以上に繰り返しているとお肌を乾燥から守っている必要な皮脂をすべて取り除くことにつながります。

皮脂はお肌の保湿助ける重要な役割を持っています。
これを完全に取り除いてしまうと肌が非常に乾燥している状態になります。

お肌が乾燥してると、黒ずみを作る原因になるとご説明してきたように非常に危険な肌環境になります。

黒ずみができると洗顔や体を小まめに洗ってキレイにしたい気持ちはわかりますが、洗顔などは適度な回数と優しく肌をいたわる感覚で行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お肌にできる黒ずみができる原因は様々であり、黒ずみの原因によって、黒ずみの対策も異なってきます。

自分がどの原因で黒ずみになっているかを知ることは非常に重要です。

原因を正しく理解することで、予防することを治療することをでます。

白く透明感のあるお肌は女性にとってはステータスになります。
なので、お肌に黒ずみがあると、老けた印象を与えるだけではなく、女性としての魅力を失うだけではなく、女性としての自信をも失いかねません。

歳を重ねることは素敵なことです。
けれど、年齢を重ねていくと黒ずみ対策は難しくなっていきます。
若いうちから早め早めの黒ずみ対策はしておくべきでしょう。

また、40代を超えてきたら本格的な黒ずみ対策が必須になります。
専門のクリニックを利用するのも選択肢の一つでしょうが、時間と経済的な負担が大きいのが難点です。
また、専門クリニックに通っているのに効果がなかったり、時間と経済的理由から続けられない例もあります。
黒ずみ対策でもっとも重要なことは、継続的に予防・対策を続けていくことです。

ここ最近、注目されているのが通販サイトで販売せれている美白クリームです。
美白クリームは手軽に黒ずみ対策ができますし、価格もとても手頃です。
しかも、最近の美白クリームは黒ずみだけではなく、アンチエイジング効果も期待できます。
これは、アンチエイジングに有効な成分を多く含んいるためです。
そのため、黒ずみを解消するだけでなく、老化防止としても美白クリームは注目されています。

あの時、対策をしておけばと後悔しないように今から黒ずみ対策はしっかりしていきましょう。